好調・埼玉西武に試練。ウルフ投手の負傷離脱で生じた穴を埋める、新たな「救世主」候補の顔ぶれは?

2018-04-20 15:50 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

埼玉西武のブライアン・ウルフ投手が、先発登板した15日の楽天戦で右肘に違和感を覚え、翌16日に出場選手登録を抹消された。それまでの2試合でいずれもクオリティスタートを達成していたベテラン右腕の離脱は、開幕から好調を維持して首位を走っているチームにとって大きな痛手となりそうだ。

ウルフ投手を除いた埼玉西武の先発ローテーションは菊池雄星投手、多和田真三郎投手、十亀剣投手、ファビオ・カスティーヨ投手となっており、そこに開幕直前にトレード加入した榎田大樹投手が加わろうとしているところ。現状では先発投手の枚数は不足気味であり、このタイミングで台頭を見せる投手が出てきてくれればチームにとっても大きいはずだ。

そんな中で期待される存在の一人が、そのウルフ投手の代役として22日の千葉ロッテ戦での先発登板が予定されている高木勇人投手だ。巨人からの移籍初年度となる今季はここまで中継ぎとして5試合に登板して防御率8.53と苦しんでいるが、先述の楽天戦では3番手として登板して4イニングスを投げた。最初のイニングに2ランを含むヒット3本を浴びたものの、2イニングス目以降は一人の走者も許さない投球を披露している。

この結果からも、現在の高木勇投手は長いイニングを投げてこそ本領が発揮されると見ることができるかもしれない。これまではチーム事情からブルペンに回っていたが、オープン戦では2試合に先発して防御率1.50とスターターとして結果を残していた高木勇投手。今回の配置転換によってその能力をフルに発揮し、人的保障での獲得を決めた首脳陣の期待に応えることができるか。注目されるポイントのひとつだ。