藤原恭大ら逸材を多く抱える千葉ロッテ。緊急事態の今、二軍で若手が見せた活躍を振り返る

2020-10-10 09:50 「パ・リーグ インサイト」望月遼太
高部瑛斗選手

 高部選手はルーキーイヤーの今季、2月に負った骨折の影響で出遅れた。開幕は延期されたものの、練習試合でアピールを見せたタイミングでの故障は響き、結果的に開幕一軍入りも逃してしまう。それでも、二軍では持てる実力をしっかりと発揮し、プロの舞台でも出色の打撃を披露。10月7日の時点で.368というハイアベレージを記録しており、プロ1年目にして早くも二軍では格の違いを見せつけている。

 また、二軍での盗塁成功率は.813と高水準で、藤原選手と同じく高い確率で塁を盗める俊足と盗塁技術も、高部選手の大きな武器の一つ。守備面においてもその脚力は活きるが、それに加えてアマチュア時代から高く評価されていた強肩も持ち合わせている。先述した外野手の全体的な高齢化もあり、走攻守三拍子が揃った選手に成長する可能性を秘めた高部選手が、即戦力として期待を受けていたのも頷けるところだ。

 しかし、開幕から驚異的な俊足を武器にブレイクを果たした和田選手、二軍での打撃好調をしっかりと一軍での活躍につなげてみせた加藤翔平選手といった、同じく俊足・強肩を武器とする外野手が揃って躍動したことに加え、菅野剛士選手、角中勝也選手、清田育宏選手といった、中堅・ベテラン勢も随所で存在感を発揮。その影響もあって、高部選手は二軍で好調な打撃を見せながらも、なかなか一軍昇格の声がかからない状況が続いていた。

 ただ、先述したチーム事情で一転して外野手不足に陥ったこともあり、藤原選手ともども急遽一軍に昇格。昇格即1番のスタメンに抜擢された10月6日のオリックス戦では、山本由伸投手、ブランドン・ディクソン投手という一線級の投手に抑え込まれ、4打数無安打、3三振と一軍の洗礼を浴びた。この結果に臆することなく、二軍で見せてきた優れた打撃内容を、ぜひ一軍の舞台でも発揮してほしいところだ。

【ファーム】この勢いは止められない!! マリーンズルーキー・ 高部 6戦連続マルチ安打となるタイムリーで勝ち越し!! 2020/9/15 F-M(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

平沢大河選手

 二軍戦で確かな存在感を発揮していた先述の3選手とは異なり、平沢選手は上位打線で継続的に起用されているものの、長きにわたって打撃不振に苦しみ続けている状況だ。打率、OPSをはじめ、各種の打撃成績においても苦悩の跡がうかがえる数字が並んでいるが、2年続けて打率.140台という点が、とりわけ深刻さを物語ってもいるだろう。

 2018年には主に外野手として一軍で112試合に出場していたが、このシーズンでは打率.213に対して出塁率が.328と、往々にして制球の良い一軍の投手からも冷静に四球を選べる、優れた選球眼が最大の武器となっていた。その選球眼が現在も健在であることは、2019年以降の二軍での出塁率は、2年続けて打率よりも.100以上高くなっていることからもうかがえる。

 打撃不振の中でもひとつの持ち味は失っていないだけに、ボール球を見極めて打者有利のカウントを整えた際に、相手投手がストライクゾーンに置きに来た球に対して、強くコンタクトできるかが不振脱出のカギとなるかもしれない。そういった点では、昨季までは同様の課題を抱えていた菅野選手の活躍が、ある種のヒントとなるかもしれない。

 菅野選手も元々優れた選球眼を有していたものの、一軍に上がると結果を残せない状況が続いていた。そのため、今季開幕前のキャンプにて、強いストレートを1球で捉えるための取り組みを行った。その結果、今季の菅野選手は、打者有利のカウントで投手がストライクを取りに来る球をきっちりと捉えられるようになり、一軍の舞台でも着実に成績を残している。平沢選手も課題を克服するきっかけをつかみ、悩める日々からの脱却を果たしてほしいところだ。

【ファーム】逆転の一打!! マリーンズ・平沢が2点タイムリー!!(C)パーソル パ・リーグTV

高部選手と同じく大卒ルーキーの福田光輝選手も、中軸を打つ機会は多い

 今回紹介した4名の選手の他にも、中軸として起用されることの多い若手選手はいる。高部選手が5番に定着していた時期に3番を打つことも少なくなかった福田光輝選手は、10月に入ってからは高部選手が3番に座るようになると、入れ替わるように5番へ。このように、クリーンアップを務めることも多い福田光選手の二軍での成績は、下記の通りとなっている。

 福田光選手はプロ1年目ながら開幕一軍に抜擢されて出場機会も得ていたが、11試合で打率.100と結果を残せず。7月4日の試合を最後に、二軍での再調整が続いていた。ここでも高部選手のように大活躍というわけにはいかず、プロの水に慣れるのにやや苦労している面も。それでも、感染症の拡大に伴う内野手の不足もあって、10月6日に再び一軍へ昇格。豪快なスイングは大きな魅力なだけに、確実性を高めてチャンスを活かしたいところだ。

【ファーム】M福田光がライトフェンス直撃のタイムリー2ベースヒット!! 2020/9/23 M-G(ファーム)(C)パーソル パ・リーグTV

20代前半の若手の活躍は、チームの将来を考えるうえでも貴重な材料に

特守の時間です。(C)パーソル パ・リーグTV

 期待の若手選手が二軍の上位打線に並んでいるというだけでも、ファンにとってはチームの今後が楽しみになるというもの。それに加えて、藤原選手と山口選手がそれぞれの得意分野を活かしながら着実な成長を感じさせ、高部選手も今後が期待できるような打撃を見せている。20代前半の選手たちが活躍しているという事実は、チームの将来を占ううえでも、大いにポジティブな要素といえよう。

 今季は投打の噛み合った戦いぶりを見せているマリーンズだが、チームの年齢層を考えても、いずれ世代交代の時は訪れることだろう。悩める大器の平沢選手も含め、浦和で研鑽を積んだ若き逸材たちが、近い将来、幕張の地でチームの屋台骨を担う存在となってくれることに、今から期待したいところだ。

文・望月遼太

人気記事