若き1・2番コンビの連打!オリックス先制

2018-04-20 18:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

4月20日、楽天生命パークで行われている楽天とオリックスの一戦。両チーム無得点で迎えた3回表、宗選手の適時二塁打などでオリックスが先制に成功した。

3回表、先頭の安達選手が二塁打で出塁すると、続く福田選手の犠打で三塁に進塁。2死3塁となったところで、徐々に調子を上げている1番・宗選手が、楽天の則本投手の外角の直球を逆らわずに流し打った。

打球は大きく伸び、左翼フェンスに直撃する適時二塁打に。2番・吉田正選手も適時打で続き、日本を代表する奪三振王からさらに1点を奪う。試合は3回表を終了し、オリックスがリードする2対0となっている。