千賀滉大が6回無失点の好投! 福岡ソフトバンクが終盤までもつれた競り合いを制する

2020-10-14 21:31 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/14 バファローズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月14日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第23回戦は、4対0で福岡ソフトバンクが勝利。完封勝利で今カードでの勝ち越しを決め、連勝を「4」に伸ばした。

 オリックスの先発・山崎福也投手は緩急を自在に操り、要所を締める投球を披露。今季初の中7日登板となった福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手も、5回までに9奪三振を奪うなど、試合は投手戦の様相を呈した。

 6回は両先発がともにピンチを迎えるも、これを切り抜けて得点を許さず。緊迫した展開が続くなかで、均衡を破ったのは福岡ソフトバンクだった。7回表、先頭の6番・栗原陵矢選手が二塁打で出塁、2四球で満塁までチャンスを広げると、オリックスの2番手・荒西祐大投手の暴投で待望の先制点を挙げる。さらに代わった3番手・山田修義投手から、3番・柳田悠岐選手が走者一掃の適時打を放ち、3点を追加。スコアを4対0とした。

 リードした福岡ソフトバンクは泉圭輔投手が7回裏のマウンドへ。安打を許しながらも3人で打ち取ると、8回裏は松本裕樹投手が無失点でつなぎ、9回裏は杉山一樹投手が締めて4対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、千賀投手が6回100球4安打1四球10奪三振無失点の好投で8勝目をマークした。一方敗れたオリックスは、散発5安打に終わり、好投を続ける山崎福投手を援護できなかった。後を受けた救援陣も福岡ソフトバンクの猛攻を抑えられず、連敗を喫した。

  123456789 計
ソ 000000400 4
オ 000000000 0

ソ ○千賀滉大-泉圭輔-松本裕樹-杉山一樹
オ ●山崎福也-荒西祐大-山田修義-齋藤綱記-金田和之

文・和田信

関連リンク