千葉ロッテは小島和哉でカード勝ち越しへ。楽天は主砲・浅村栄斗の一発に期待

2020-10-14 23:06 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/14 マリーンズ対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月15日の18時からZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと楽天イーグルスの第21回戦が行われる。前日の試合では4対1で楽天が逆転勝利を果たしている。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→7勝13敗
楽天イーグルス→13勝7敗

【千葉ロッテ】小島和哉投手 16試合 7勝6敗 93.1回 71奪三振、防御率3.28
【楽天イーグルス】岸孝之投手 7試合3勝0敗 34.1回 31奪三振、防御率4.72

 首位とのゲーム差が「3」に広がった千葉ロッテは、小島和哉投手を先発のマウンドへ送り込む。前回登板した7日のオリックス戦では、6回6安打2奪三振1四球1失点(自責0)と好投し、7勝目を挙げた。現在2連勝中と好調の左腕がチームをカード勝ち越しへと導くか。打線では1番打者として活躍が続いている藤原恭大選手に期待したい。前日の試合ではプロ入り第1号となる先頭打者本塁打をマークするなど、2安打を放った。若き切り込み隊長のバットは打線を勢い付けられるか。

 上位追走へ負けられない楽天は、岸孝之投手が先発。直近3登板ではいずれも6回を投げ切っており、試合を作る役割を果たしている。今登板でも持ち味の直球と変化球のコンビネーションで千葉ロッテを翻ろうしたいところ。打線では浅村栄斗選手に注目。14日の試合では値千金の31号勝ち越しソロを放ち、勝利に貢献した。今季千葉ロッテから12本塁打と相性の良さを誇る主砲は、今試合でも勝負強い活躍を見せられるか。

文・和田信

関連リンク