近藤健介が4本の二塁打を含む5安打固め打ち! 北海道日本ハムがカード勝ち越し

2020-10-15 22:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/15 F-L 5回裏終了後ダイジェスト

 10月15日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第21回戦は、8対3で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムは初回、埼玉西武の先発・ニール投手の立ち上がりを攻め無死1、2塁のチャンスをつくると、3番・近藤健介選手の適時二塁打で2点を先制する。2回裏にも近藤選手が2点適時打を放つと、続く4番・中田翔選手にも適時打が生まれ、3点を追加。序盤から5点のリードを奪う。

 援護をもらった北海道日本ハムの先発・マルティネス投手は、3回表に森友哉選手に本塁打を浴び3点を失うものの、6回3安打5奪三振3四球3失点の粘投で試合を作った。渡邉諒選手と中田選手に適時打が生まれるなど、4回裏と6回裏にそれぞれ1点ずつ加えた北海道日本ハムが4点をリードする展開で試合は終盤へ。

 7回表はこの回から登板した秋吉亮投手がピンチを招くも、堀瑞輝投手が後続を打ち取ると、続く8回表は宮西尚生投手が3人で抑える好投を披露。8回裏には近藤選手が今試合4本目の二塁打を放ちチャンスを作ると、続く中田選手の適時二塁打で1点を追加する。5点リードで迎えた最終9回表は西村天裕選手が締めて試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、3番・近藤選手と4番・中田選手で8安打7打点と主軸が大活躍し、カード勝ち越しに成功した。一方敗れた埼玉西武は、先発のニール投手が序盤に大量失点を喫し、相手に主導権を握られる展開となった。

  123456789 計
西 003000000 3
日 23010101X 8

西 ●ニール-小川龍也-宮川哲-平井克典-田村伊知郎-松岡洸希
日 ○マルティネス-秋吉亮-堀瑞輝-宮西尚生-西村天裕

文・小野寺穂高

関連リンク