今井達也と山岡泰輔がともに連敗ストップへ向け先発。 打率リーグトップの吉田正尚に注目

2020-10-15 22:40 「パ・リーグ インサイト」編集部
埼玉西武・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

埼玉西武・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月16日の18時からメットライフドームで埼玉西武とオリックスの第22回戦が行われる。前カードは両チームともに勝ちきれなった。埼玉西武対オリックスは、このカードで今季の対決を終える。そんな注目のカード初戦の見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
埼玉西武→9勝11敗1分
オリックス→11勝9敗1分

【埼玉西武】今井達也投手 16試合3勝3敗 50.1回 38奪三振、防御率6.08
【オリックス】山岡泰輔投手 9試合2勝4敗 49回 43奪三振、防御率2.76

 埼玉西武の先発は今井達也投手。前回登板の福岡ソフトバンク戦では、3回8安打4失点と試合を作れなかった。今試合こそ安定した投球を披露し、7月21日以来の先発としての白星を挙げたい。打線では、森友哉選手に期待。15日の試合では3ラン本塁打を含む2安打を放つなど、状態を上げてきており、今試合でも打線をけん引する活躍を見せることができるか。

 対するオリックスは山岡泰輔投手が先発マウンドに上がる。最近5試合すべてにおいてクオリティスタートを達成するなど調子は上向き。チームに勝利を引き寄せる投球を披露し、勝ち星を挙げたい。援護したい打線では吉田正尚選手に注目。15日の試合では、猛打賞の活躍で打率.350まで上げている。今試合でも勝負強い打撃で、山岡投手を援護できるか。

文・小野寺穂高

campaign