お互いに対戦球団を得意とする美馬学と有原航平が先発。2戦目を制するのは

2020-10-17 23:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/16 マリーンズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月18日の13時からZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと北海道日本ハムの第23回戦が行われる。前日の試合は雨天中止となり、千葉ロッテは先発を美馬学投手に変更、北海道日本ハムは有原航平投手がスライド登板する。

【今季対戦成績】
千葉ロッテ→13勝9敗
北海道日本ハム→9勝13敗

【千葉ロッテ】美馬学投手 16試合9勝3敗 103回 80奪三振、防御率4.28
【北海道日本ハム】有原航平投手 17試合6勝8敗 114.2回 97奪三振、防御率3.53

 千葉ロッテの先発は美馬学投手。北海道日本ハム戦は3試合に先発し、対戦球団別では最も良い防御率2.70を記録している。18日もイニングイーターとして安定感のある投球を見せ、8連戦の頭でリリーフ陣を休ませたいところ。打線ではマーティン選手に注目。15日までの直近6試合では21打数3安打と苦しんでいたが、16日は14試合ぶりとなる本塁打を放ち復調の兆しを見せた。18日もそのバットで勝利を呼び込めるだろうか。

 北海道日本ハムの先発は有原航平投手。前回登板した10日のオリックス戦では、9回111球6奪三振で完封勝利を収めた。今季千葉ロッテには3戦3勝、防御率0.86と抜群の相性を見せているだけに、18日も好投に期待したい。打線では千葉ロッテから7本塁打をマークしている中田翔選手に注目。ZOZOマリンスタジアムでは打率.361の好成績を残している大砲の一発に期待したい。

関連リンク