7連勝中の鷹は安定感光る和田毅が先発。楽天は左腕攻略へ下水流昂に期待

2020-10-17 23:20 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/17 ホークス対イーグルス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月18日の13時からPayPayドームで福岡ソフトバンクと楽天イーグルスの第24回戦が行われる。前日の試合では福岡ソフトバンクが5対0の完封リレーで勝利を収め、7連勝をマークしている。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→14勝9敗
楽天イーグルス→9勝14敗

【福岡ソフトバンク】和田毅投手 14試合7勝1敗 75.1回 63奪三振、防御率2.99
【楽天イーグルス】瀧中瞭太投手 4試合1勝1敗 22.1回 14奪三振、防御率3.63

 福岡ソフトバンクの先発は和田毅投手。直近5登板ではいずれも5回以上を投げ、自責点3以内と先発投手の役割を果たしている。18日も安定感が光るベテランらしい投球で勝利に貢献できるだろうか。打線ではグラシアル選手に注目。前日の試合では中盤に貴重な追加点となる10号ソロを放ち、2年連続の2桁本塁打を達成した。今季は主に4番を任されている主砲のバットに期待したい。

 対する楽天は瀧中瞭太投手が先発。前回登板した11日の埼玉西武戦では、9回途中129球2失点の力投でプロ初勝利をマークした。福岡ソフトバンクとは9月19日のプロ初登板で対戦し、白星こそつかなかったものの6回途中1失点の好投を披露している。18日も手元で動く変化球を武器に、試合を作る投球ができるだろうか。前日完封負けを喫した打線では下水流昂選手に期待したい。今季、相手先発が左腕の際にスタメン出場する機会が多い下水流選手は、16日の試合でムーア投手から2ランを含む3打点と結果を残した。18日も左腕の和田投手を相手にどのような打撃を見せるか。

文・山下虎太郎

関連リンク