有原航平が7回1失点の好投で今季7勝目! 北海道日本ハムが千葉ロッテに逆転勝利

2020-10-18 16:45 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/18 M-F 5回裏終了後ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月18日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第23回戦は、5対2で北海道日本ハムが勝利。中盤の集中打で逆転し、カード戦績を1勝1敗とした。

 北海道日本ハムの先発・有原航平投手は初回、制球に苦しみ四球からピンチを招くと、中村奨吾選手に適時打を浴び先制を許す。しかし2回以降は見事に修正し、7回まで追加点を与えない好投を見せた。

 打線は5回表、千葉ロッテの先発・美馬学投手から先頭の渡邉諒選手が安打で出塁、四球と犠打で1死2、3塁の好機を作ると、9番・宇佐見真吾選手が2点適時打を放ち、逆転に成功。なおも敵失と平沼翔太選手の安打で1死満塁の好機を迎えると、続く3番・近藤健介選手にも2点適時打が飛び出し、この回4得点を挙げ、試合の流れをたぐり寄せる。

 さらに6回表、先頭の渡邉選手の2打席連続安打と四球などで好機を作り、美馬投手をマウンドから引きずり下ろす。なおも四球などで2死満塁と好機を広げると、2番手・チェン・グァンユウ投手から平沼選手が四球を選び、押し出しで1点を追加。5対1と千葉ロッテを突き放した。

 北海道日本ハムは4点リードの8回裏、堀瑞輝投手が1死満塁のピンチを迎えると、すかさず玉井大翔投手にスイッチ。暴投で1点を献上するも最少失点で切り抜ける。5対2で迎えた9回裏は宮西尚生投手が無失点で締めて試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、有原投手が7回4安打4四球4奪三振1失点の好投で7勝目を挙げた。一方敗れた千葉ロッテは、美馬投手が5.1回7安打2四球5失点(自責点4)と中盤に崩れ、打線も好機を生かせず、本拠地で手痛い逆転負けを喫した。

  123456789 計
日 000041000 5
ロ 100000010 2

日 ○有原航平-堀瑞輝-玉井大翔-S宮西尚生
ロ ●美馬学-チェン・グァンユウ-東條大樹-フローレス

文・山本理絵

campaign