対鷹防御率0.69の上沢直之が先発。鷹打線では好調の周東佑京に注目

2020-10-19 18:45 「パ・リーグ インサイト」編集部

ファイターズ・上沢直之『8回133球の熱投』でホークス・千賀との投げ合い制した!!(C)パーソル パ・リーグTV

 10月20日の18時から札幌ドームで北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第22回戦が行われる。2位に「5.5」差を付けた首位・福岡ソフトバンクと、3位まで「3」差で5位に着ける北海道日本ハムの3連戦初戦の見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→6勝14敗1分
福岡ソフトバンク→14勝6敗1分

【北海道日本ハム】上沢直之投手 14試合8勝5敗 92回 87奪三振、防御率2.54
【福岡ソフトバンク】笠谷俊介投手 18試合3勝3敗 46回 54奪三振、防御率2.93

 北海道日本ハムの先発は上沢直之投手。福岡ソフトバンクと前回対戦した9月15日の試合では、8回133球4安打1四球6奪三振無失点の力投で勝利投手となった。2試合で防御率0.69と好相性の鷹に再びの好投を見せたい。打線では首位打者を狙う近藤健介選手に注目。前試合でも2安打2打点の活躍を見せ、打率を.343とした。今試合でも安打を重ね、打率.350の吉田正尚選手に迫りたい。

 対する福岡ソフトバンクは笠谷俊介投手が先発。前回先発した13日のオリックス戦では、5回1安打無失点の好投で3勝目を挙げた。10月は2試合で防御率1.23と好調の左腕に期待しよう。打線では、前試合で4安打2打点3盗塁3得点の活躍を見せた周東佑京選手に注目。チームの8連勝に貢献を続けるリードオフマンは、今試合でも好投手攻略の足掛かりとなれるか。

関連リンク