楽天は則本昂大で上位追走へ。対するは2年連続の最優秀防御率を狙う山本由伸

2020-10-19 18:43 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》圧巻&圧巻 B山本由伸 8回2安打無失点の快投で『29イニング連続無失点』(C)パーソル パ・リーグTV

 10月20日の18時から楽天生命パーク宮城で楽天イーグルスとオリックスの第19回戦が行われる。前カードで3連敗を喫し、2位との差が「5.5」に広がった3位の楽天。一方のオリックスも2カード連続負け越しと苦しい戦いが続いている。

【今季対戦成績】
楽天イーグルス→8勝9敗1分
オリックス→9勝8敗1分

【楽天イーグルス】則本昂大投手 15試合5勝5敗 89回 86奪三振、防御率3.84
【オリックス】山本由伸投手 17試合8勝4敗 119.2回 139奪三振、防御率2.18

 楽天の先発は則本昂大投手。前回登板した13日の千葉ロッテ戦では、7回5安打無四死球7奪三振2失点の好投で白星を挙げた。今試合でも安定した投球を見せ、援護を待ちたい。打線では鈴木大地選手に注目。9月以降は月間打率2割中盤と数字を落としていたが、前試合で3安打を放ち、復調の気配を見せた。対戦打率.151と球団別では最も苦手としているオリックス相手に、安打を重ねられるか。

 対するオリックスは山本由伸投手が先発。9月に5試合で防御率0.73と圧巻の成績を残した右腕は、10月に入ってからも2試合で16回を投げ、防御率0.56と圧倒的な投球を続けている。2年連続の「最優秀防御率」獲得に向け、今試合でもエースの投球を見せたいところ。打線では、パ・リーグトップの打率.350を記録している吉田正尚選手に注目したい。自身初の打撃タイトル獲得へ、数字を伸ばしていきたい。

関連リンク