3位を狙う埼玉西武は高橋光成が先発。2位・千葉ロッテは石川歩に初戦を託す

2020-10-19 18:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》L高橋光成 躍動感溢れる『8回132球タフネス投』(C)パーソル パ・リーグTV

 10月20日の18時からメットライフドームで埼玉西武と千葉ロッテの第21回戦が行われる。3位に「0.5」差に迫る4位の埼玉西武と、1位と「5.5」差で2位に着ける千葉ロッテのカード初戦。見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
埼玉西武→12勝8敗
千葉ロッテ→8勝12敗

【埼玉西武】高橋光成投手 16試合7勝8敗 100回 85奪三振、防御率3.87
【千葉ロッテ】石川歩投手 17試合7勝4敗 112.2回 65奪三振、防御率4.15

 埼玉西武の先発は高橋光成投手。前回登板した13日の北海道日本ハム戦では、8回132球4安打3四球5奪三振無失点の力投で7勝目を挙げた。今試合でも長いイニングを投げ、自身初の規定投球回到達へ前進したい。打線では、対千葉ロッテの打率.300をマークしている金子侑司選手に注目。前試合で先制2点適時打を放ったリードオフマンに期待が高まる。

 対する千葉ロッテは石川歩投手が先発。直近の3登板ではいずれも7回以上を投げ、3失点以内にまとめている。埼玉西武との前回対戦では7.1回3失点と力投を見せた。今登板でも安定した投球で試合を作りたい。打線では中村奨吾選手に注目。直近3試合無安打と苦しんでいたが、前試合で4打数2安打をマークし、復調の兆しを見せた。若手が活躍する中、チームを鼓舞する中堅の打撃にも期待したい。

関連リンク