則本昂大が7回1失点の好投も、伏見寅威の同点弾で楽天対オリックスは引き分けに

2020-10-20 22:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/20 イーグルス対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月20日、楽天生命パーク宮城で行われたと楽天イーグルスとオリックスの第19回戦は、2対2で引き分けに。中盤に楽天がリードを握るも、土壇場でオリックスが意地を見せた。

 楽天の先発は則本昂大投手。走者を出しながらも要所を締める投球で5回まで、無失点に抑える好投を見せる。6回表にオリックスの5番・モヤ選手に9号ソロ浴びたが、7回を投げ切り、5安打1失点で降板した。一方の打線は先制された直後の6回裏、浅村栄斗選手に2点適時二塁打が生まれて逆転に成功。8回表は松井裕樹投手がピンチを招きながらも、ここを抑えて試合は最終回へ。

 追い付きたいオリックスは9回表、楽天の守護神・ブセニッツ投手からこの回先頭の伏見寅威選手の6号ソロで同点に追い付くと、続く9回裏をヒギンス投手が3人で抑え、試合は延長戦に突入。延長10回表は、楽天・牧田和久投手が走者を出しながらも抑えると、続く10回裏はオリックス・ディクソン投手が3者凡退に抑え、2対2で試合終了。

 楽天は、先発の則本昂大投手が7回5安打1四球6奪三振1失点の投球。浅村選手の適時打で逆転し、一時は勝利を決めかけるも、守護神・ブセニッツ投手が誤算だった。一方のオリックスは、先発の山本由伸投手が7回5安打1四球10奪三振2失点の投球。打線も土壇場で試合を振り出すなど2本塁打で2得点を挙げ、引き分けとした。

  12345678910 計
オ 0000010010 2
楽 0000020000 2

オ 山本由伸-山田修義-ヒギンス-ディクソン
楽 則本昂大-松井裕樹-ブセニッツ-牧田和久

文・鈴木優菜

関連リンク