中田翔は30号の大台到達なるか。福岡ソフトバンクは10連勝をかけて千賀滉大が先発

2020-10-20 23:35 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/20 ファイターズ対ホークス ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月21日の18時から札幌ドームで北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第23回戦が行われる。20日の試合では、16安打11得点を挙げた福岡ソフトバンクが11対2で大勝した。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→6勝15敗1分
福岡ソフトバンク→15勝6敗1分

【北海道日本ハム】バーヘイゲン投手 16試合7勝5敗 96回 96奪三振、防御率3.47
【福岡ソフトバンク】千賀滉大投手 15試合8勝6敗 98.2回 123奪三振、防御率2.65

 北海道日本ハムからはバーヘイゲン投手が先発する。前回登板した10月14日の埼玉西武戦では、8回112球3安打2四球10奪三振無失点の熱投で7勝目を手にした。福岡ソフトバンク戦では防御率7.71の成績を残しており、苦戦を強いられているチーム相手に今登板ではどのような投球を見せられるか。打線では、20日の試合に自己最速で101打点に到達する一発を放った中田翔選手に注目。現在9試合連続安打をマークするなど調子を取り戻しつつある大砲に自身2度目となる30号は飛び出すか。

 福岡ソフトバンクはチームの10連勝をかけて千賀滉大投手をマウンドに送り込む。今季の北海道日本ハムには0勝2敗と5球団の中で唯一勝利を挙げられていない相手となるが、連勝中のチームの勢いに乗って白星をつかみたい。千賀投手を援護する打線からは、グラシアル選手が現在4試合連続打点を記録しており、走者を返す役割を果たしている。20日の試合でも、先制打を含む3安打3打点の活躍を見せて勝利に貢献した。グラシアル選手のチャンスでの打席に期待しよう。

文・和田信

関連リンク