北海道日本ハムは吉田輝星が今季初勝利を狙う。鷹打線は周東佑京に期待

2020-10-21 22:51 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》F吉田輝星『プロ初登板初勝利』を丸ごとマルチアングルで!!(C)パーソル パ・リーグTV

 10月22日の18時から札幌ドームで北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第24回戦が行われる。21日の試合では、福岡ソフトバンクが9対1で勝利、9年ぶりの10連勝を飾り、優勝マジック「8」を点灯させた。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→6勝16敗1分
福岡ソフトバンク→16勝6敗1分

【北海道日本ハム】吉田輝星投手 2試合0勝0敗 6.1回 3奪三振、防御率8.53
【福岡ソフトバンク】ムーア投手 10試合5勝3敗 60回 68奪三振、防御率3.00

 北海道日本ハムの先発は吉田輝星投手。前回登板したオリックス戦では2回途中5安打4失点と振るわず。持ち味の直球を生かした投球で今季初勝利をつかみ取ることができるか。打線は大田泰示選手に一打に期待。21日の試合では先制打を放つ活躍を見せた。攻守にわたる活躍で、チームの連敗ストップに貢献したい。

 対する福岡ソフトバンクはムーア投手が先発。今季ここまで北海道日本ハム戦3試合に登板し、2勝0敗と好相性を示している。今試合でも安定した投球で、試合をつくりたい。打線は周東佑京選手に注目。21日の試合では、1点を追う5回表に適時三塁打を放つ活躍を見せている。今季は北海道日本ハム戦で打率.389をマークしているだけに、今試合での活躍にも期待できそうだ。

文・後藤万結子

関連リンク