好調・埼玉西武はニールで4連勝を狙う。対する千葉ロッテは小島和哉が先発

2020-10-21 22:52 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/21 ライオンズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月22日の18時からメットライフドームで埼玉西武と千葉ロッテの第23回戦が行われる。21日の試合は埼玉西武が2夜連続となるサヨナラ勝利を飾っており、両チームのゲーム差は「4」に縮まっている。

【今季対戦成績】
埼玉西武→14勝8敗
千葉ロッテ→8勝14敗

【埼玉西武】ニール投手 18試合4勝7敗 100回 60奪三振、防御率5.13 
【千葉ロッテ】小島和哉投手 17試合7勝7敗 100.1回 78奪三振、防御率3.50

 埼玉西武の先発はニール投手。今季ここまで千葉ロッテに対して防御率3.79と5球団の中で一番得意としているだけに、今試合での好投にも期待したい。打線は、21日の試合でサヨナラ打を放った山野辺翔選手に注目。クライマックスシリーズ進出に向けて落とせない試合が続くが、今試合でも投打かみ合った展開で勝利を収め、同一カード3連勝といきたいところだ。

 対する千葉ロッテは小島和哉投手が先発。今季ここまで埼玉西武戦4試合に登板し、1勝3敗と黒星が先行しているが、防御率は2.59と。チームの悪い流れを払拭するような投球を披露できるか。打線は2試合連続1得点と苦しむ中、藤原恭大選手、安田尚憲選手をはじめとした若い力で、この難局を打開できるだろうか。注目したい。

文・望月優樹

関連リンク