外崎修汰が本塁打含む猛打賞の活躍! 埼玉西武が4連勝で2位との差は「3」に

2020-10-22 21:46 「パ・リーグ インサイト」編集部

【5回裏】ライオンズ・外崎 打った瞬間の第6号3ランホームラン!! 2020/10/22 L-M(C)パーソル パ・リーグTV

 10月22日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第23回戦は、7対4で埼玉西武が勝利。4連勝を飾り、2位とのゲーム差を「3」に縮めた。

 埼玉西武の先発はニール投手。3回表に藤原恭太選手の犠飛で1点を失ったが、5回表に迎えた2死満塁のピンチを無失点に抑えるなど要所を締め、5回6安打1失点で降板した。

 一方の打線は初回、千葉ロッテ先発の小島和哉投手から先頭打者の金子侑司選手が四球で出塁。続く源田壮亮選手の安打などで1死1、3塁とすると、4番・栗山巧選手の犠飛により幸先よく先制する。

 同点で迎えた4回裏には、外崎修汰選手が二塁打で出塁し、スパンジェンバーグ選手の13号2ランで勝ち越しに成功。5回裏にも2死1、3塁から外崎選手がレフトへ6号3ランを放ち、点差を広げる。8回裏には、代わった千葉ロッテ・永野将司投手からメヒア選手の二塁打などで1死3塁とし、代打・山川穂高選手の犠飛で1点を追加した。

 継投に入った埼玉西武は6回表、2番手のギャレット投手が中村奨吾選手の適時二塁打、藤岡裕大選手の適時内野安打などで3失点。しかし続く7回表は、宮川哲投手が先頭打者を出すも後続を断つと、8回表は森脇亮介投手が打者3人で終え、最終回は平良海馬投手が無失点で締め、7対4で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、ニール投手が5回6安打1死球3奪三振1失点(自責0)で5勝目をマーク。走者を出しながらも、最少失点で切り抜ける投球を見せた。打線は中軸に良い形で回し、着実に得点を重ねた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の小島和哉投手が5回8安打2四球3奪三振6失点の苦しい投球に。打線は10安打と奮闘するも、決定打を欠いた。

  123456789 計
ロ 001003000 4
西 10023001X 7

ロ ●小島和哉-東條大樹-チェン・グァンユウ-佐々木千隼-永野将司
西 ○ニール-ギャレット-宮川哲-森脇亮介-S平良海馬

文・鈴木優菜

関連リンク