アルバースは前回登板のリベンジを果たせるか。千葉ロッテは古谷拓郎が初先発へ

2020-10-23 23:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/23 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月24日の14時から京セラドーム大阪でオリックスと千葉ロッテの第22回戦が行われる。23日の試合は、打線がつながったオリックスが7対2で勝利した。

【今季対戦成績】
オリックス→4勝16敗1分
千葉ロッテ→16勝4敗1分

【オリックス】アルバース投手 14試合3勝7敗 77回 60奪三振、防御率3.86
【千葉ロッテ】古谷拓郎投手 1試合0勝0敗 3回 5奪三振、防御率3.00

 カード初戦を制したオリックスは、2戦目の先発をアルバース投手に託す。前回登板した10月7日の千葉ロッテ戦では、6回83球7安打5奪三振3失点の内容で敗戦投手となっている。今試合ではリベンジを果たし、チームを連勝へ導く投球を見せられるか。打線ではT-岡田選手に注目。23日の試合では、「2番・レフト」で起用されると、本塁打を含む猛打賞に加えて4打点の活躍で勝利に貢献した。今試合でも得点に絡む活躍を果たしたいところ。

 一方5連敗中の千葉ロッテは、古谷拓郎投手が初先発へ。過去3度連続で先発登板の機会が雨で流れていただけに、満を持しての先発となる。プロ初登板となった10日の福岡ソフトバンク戦では、3回5奪三振1失点と好投しただけに、チームの連敗ストップにつながる投球を見せたいところ。打線では、清田育宏選手が前試合で2本塁打を含む猛打賞と、スタメン起用に応えた。左投手に強さを見せているベテランのバットは火を噴くか。

文・和田信

関連リンク