瀧中瞭太が7回1安打無失点で2勝目! ロメロの攻守にわたる活躍も光り楽天が大勝

2020-10-25 16:44 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/25 イーグルス対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月25日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと北海道日本ハムの第24回戦は、楽天が13対4で大勝を収めた。

 楽天は2回裏、先頭・ロメロ選手の安打などで無死1、3塁とすると、8番・辰己涼介選手の適時打で1点の先制に成功。なおも好機で、1番・小深田大翔選手にも適時打が生まれ、序盤から3点のリードを得る。

 続く3回裏には、島内宏明選手と鈴木大地選手の連打で無死1、3塁の好機を得ると、6番・ロメロ選手が適時三塁打を放ち、2点を追加。敵失間にも1点を奪い、リードを6点に広げる。打ったロメロ選手は「高めにきたボールを強く打てば外野に飛んでいくと思ったからね。外野の良い所に飛んでくれたね」と笑顔で振り返った。

 さらに7回裏、先頭の鈴木選手、6番・ロメロ選手の連打で無死1、2塁とすると代打・岩見雅紀選手、8番・辰己選手の連続適時打で3点を追加。田中和基選手、藤田一也選手、島内宏明選手にも適時打が生まれ、スコアを13対0とする。

 序盤から頼もしい援護を受けた楽天の先発・瀧中瞭太投手は、初回から北海道日本ハム打線に付け入る隙を与えない投球で、味方の好守にも助けられながら7回1安打5四球無失点の力投を披露。8回表は2番手・D.J.ジョンソン投手が1点を失い、最終9回表は近藤弘樹投手が7番・清宮幸太郎選手の7号2ラン、8番・樋口龍之介選手の1号ソロを浴びて3点を失うも、リードは守って試合終了。楽天が13対4で勝利した。

 勝利した楽天は、先発・瀧中投手が7回を1安打に抑える好投で勝利を引き寄せ、打線も、好投に応えるかのように序盤からつながりを見せた。敗れた北海道日本ハムは、先発・有原投手が6回9安打6失点(自責点4)と振るわず。打線もわずか3安打と精彩を欠いた。

  123456789 計
日 000000013 4
楽 03300070X 13

日 ●有原航平-公文克彦-福田俊
楽 ○瀧中瞭太-D.J.ジョンソン-近藤弘樹

文・後藤万結子

関連リンク