岩下大輝が復帰登板で好投し自己最多6勝目! 10得点の猛攻で千葉ロッテが連敗ストップ

2020-10-25 16:40 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/25 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月25日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第23回戦は、10対1で千葉ロッテが快勝。序盤の猛攻で主導権を握り、連敗脱出に成功した。

 千葉ロッテは初回、オリックスの先発・張奕投手から2番・荻野貴司選手、3番・中村奨吾選手の連打で2死1、2塁の好機を作ると、5番・菅野剛士選手が適時打を放ち1点を先制。その裏、復帰登板となった千葉ロッテの先発・岩下大輝投手が3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露し、幸先よくスタートを切る。
 
 追加点が欲しい千葉ロッテは3回表、先頭の藤原恭大選手が俊足を生かし内野安打とすると、荻野貴選手が二塁打を放ち無死2、3塁と好機を拡大。ここで中村奨選手が2点適時二塁打を放ち追加点を挙げ、なおも1死2、3塁の場面で6番・福田秀平選手の打球が敵失を誘い2点を追加。この回一挙4点を奪い、千葉ロッテが5対0と大きくリードした。

 たたみかける千葉ロッテ打線は5回表、先頭の荻野貴選手が安打で出塁すると、続く中村奨選手が適時二塁打、福田秀選手にも適時打が生まれ、2点を追加した。8回表にも攻撃の手を緩めず、連続四球などで1死1、2塁の好機を迎えると、藤原選手の適時打、代打・鳥谷敬選手の2点適時二塁打が生まれ3点を追加。10対0と一方的な試合展開となる。
 
 千葉ロッテの先発・岩下投手は5回を無失点にまとめると、6回裏から2イニングをフローレス投手、8回裏を小野郁投手でリードを守り切る。9回裏は佐々木千隼投手が福田周平選手の適時打で1点を返され、さらに2死満塁のピンチを迎えるも、最後は佐野皓大選手を三振で打ち取り試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の岩下投手が5回4安打無失点の好投を披露し今季6勝目。序盤の集中打で試合を決定づけ、2位死守へ連敗をストップした。8回表に適時二塁打を放った鳥谷選手は、プロ通算350二塁打を記録した。一方敗れたオリックスは、先発の張投手が、5回11安打7失点(自責点6)と試合をつくることができず、打線も反撃の糸口をつかめなかった。

  123456789 計
ロ 104020030 10
オ 000000001 1

ロ ○岩下大輝-フローレス-小野郁-佐々木千隼
オ ●張奕-鈴木優-齋藤綱記

文・山本理絵

関連リンク