【試合戦評】北海道日本ハムが10年ぶりの栄冠。チーム全員でつかんだ日本一のビッグタイトル

2016-10-29 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

舞台を広島に移して迎える「SMBC日本シリーズ2016」第6戦。札幌ドームで3連敗を喫し、後がない広島の先発は、第2戦で安定した投球を見せた野村投手。一方、3連勝で一気に王手をかけた北海道日本ハムの先発は増井投手。シーズン途中から先発に配置転換となり、自身初の2桁勝利を挙げた右腕がチームを10年ぶりの日本一に導けるか。

まずは初回、第5戦で日本シリーズ史上2人目のサヨナラ満塁弾を放った1番・西川選手が、初球からいきなり三塁打。続く中島卓選手が四球を選んで無死1,3塁とすると、3番・岡選手が8球粘って適時打を放ち、北海道日本ハムが幸先良く1点を先制する。

いきなりの援護を受けた先発の増井投手はランナーを出しながらも丸選手、エルドレッド選手から連続三振を奪い、初回を無失点。しかし、2回裏にチーム打率12球団トップの広島打線が奮起し、先頭の松山選手と6番・鈴木選手の連打で無死2,3塁とされ、8番・石原選手の打席で痛恨の暴投。同点となり、さらに石原選手の打球をレアード選手が捕球できず、1対2とリードを奪い返されてしまう。

3回裏は立ち直った増井投手が3者凡退に抑えて流れを呼び込むと、4回表に北海道日本ハム打線が再び攻勢を仕掛ける。まずは先頭の近藤選手と6番・レアード選手が出塁すると、無死1,2塁の場面で7番・田中賢選手がチェンジアップを捉えて適時打を放ち、同点に追い付く。なおも続く1死2,3塁の絶好機に栗山監督は早くも増井投手に代打を送る決断を下す。代打の矢野選手は惜しくも凡退するが、2死から1番・西川選手が本日2度目となる三塁打を放ち、2点のリードを奪う。

このリードを守りたいところだったが、中盤の5回裏に2死から丸選手にソロ本塁打を打たれ、1点差。さらに6回裏には、代打・下水流選手の内野安打の間に3塁走者が生還し、4対4の同点となる。

先に勝ち越し点を奪いたい北海道日本ハム打線は、8回表にジャクソン投手の隙を見逃さず、猛攻を仕掛ける。2死から西川選手、2番・中島卓選手、3番・岡選手が連続安打で満塁とし、4番・中田選手の押し出し四球で勝ち越しに成功。さらに続くバース投手が適時打を放ち、2点差とすると、6番・レアード選手が駄目押しの満塁弾。2死走者なしの場面から一気に6点を奪い、広島を大きく突き放す。

大量リードを奪った直後の8回裏は続投となったバース投手が圧巻の3者連続三振。9回裏は谷元が反撃を封じ、広島ファンが埋め尽くす敵地・マツダスタジアムで悲願の日本一を成し遂げた。

まさかの連敗スタートから大谷選手のサヨナラ安打での勝利を皮切りに、一気の4連勝で10年ぶりのビッグタイトルを獲得した。序盤の勢いは広島が完全に上回っていたものの、最大11.5ゲーム差をひっくり返したシーズンと同様に、日本シリーズの大舞台でも持ち味を存分に発揮。チーム全員で大逆転劇を演じ、日本一の栄冠に輝いた。2017年は王者として戦う強い北海道日本ハムに期待したい。