北海道日本ハム・吉田輝星が今季初勝利を狙う。対するオリックスは田嶋大樹が先発

2020-10-28 23:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

10/28 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 10月28日の18時から札幌ドームで北海道日本ハムとオリックスの第20回戦が行われる。28日の試合では最終回に貴重な1点をもぎ取った北海道日本ハムが接戦を制した。札幌ドームに移っての一戦はどちらに軍配が上がるのか。見どころを紹介する。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→9勝9敗1分
オリックス→9勝9敗1分

【北海道日本ハム】吉田輝星投手 3試合0勝1敗 12.1回 7奪三振、防御率5.84
【オリックス】田嶋大樹投手 18試合4勝6敗 109.1回 80奪三振、防御率4.20

 北海道日本ハム先発は吉田輝星投手。今季4試合目の登板となるが、いまだ勝ち星が無い。オリックスとの前回対戦では、初回から4連打を浴びると、2回にも先頭打者に出塁を許し1.1回で無念の降板となった。今試合は長いイニングを投げ抜き、今季初勝利を手にしたい。打線は宇佐見真吾選手に注目。27日の試合では土壇場で決勝打を放つと、守ってはバーヘイゲン投手の完封勝利をアシストし、攻守にわたって活躍が光った。ホーム・札幌ドームに戻ってオリックスを迎え撃つ。

 対するオリックスは田嶋大樹投手が先発のマウンドへ上がる。北海道日本ハムとの前回対戦では6回3安打7奪三振2失点の好投を見せ、チームを勝利へ導いた。今季手にした4勝のうち3勝を直近6試合で挙げているだけに、勢いそのままに今日もファイターズ打線を翻弄したい。打線は吉田正尚選手に期待だ。27日の試合ではチーム初安打を放つと、守備では走者を本塁に還さない的確な送球で投手を助けた。連敗脱出へ、敵地へ乗り込む。

文・北嶋楓香

関連リンク