球史に名を刻んだ育成の星。周東佑京の『12試合連続盗塁』はご覧になりましたか?【パーソル パ・リーグTV注目動画】

2020-10-30 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
(C)パーソル パ・リーグTV

(C)パーソル パ・リーグTV

1971年と1974年に福本豊氏が樹立したプロ野球記録を更新

 10月29日に行われた千葉ロッテとの第21回戦で、プロ野球新記録となる12試合連続盗塁を記録した周東佑京選手。「パーソル パ・リーグTV」では、球史に名を刻んだ周東選手の動画を投稿したところ、多大なる反響が。投稿から約23時間後の17:00の時点でおよそ21万回再生を記録した。

 まだご覧になっていない方はぜひ見ていただきたい。周東選手らしい内野安打で出塁すると、続く中村晃選手への2球目でスタート。「これだけバッテリーも警戒しているなか、楽々セーフ」と実況が話すように、快速を飛ばして二塁を盗んだ。記念ボールを受け取った川瀬晃選手のうれしそうな表情や、思わず苦笑いを見せた千葉ロッテの田村龍弘選手も動画の良いスパイスとなっている。

動画はこちらから
https://youtu.be/vmaJQFM5Bak

 27日に3年ぶりのリーグ優勝を決め、29日には球団記録を更新する月間20勝をマークした福岡ソフトバンク。好調のチームを支える周東佑京の活躍から目が離せない。

文・東海林 諒平

関連リンク