昨季は福岡ソフトバンクの圧勝…… パ・リーグ代表チームVS原巨人の日本シリーズを振り返る

2020-11-19 11:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
(C)パーソル パ・リーグTV

(C)パーソル パ・リーグTV

 開幕延期、試合数の減少、無観客……異例づくしの2020年シーズンもいよいよ大詰め。パ・リーグは3年ぶりのリーグ優勝に輝いた福岡ソフトバンクが「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」を勝ち抜き「SMBC日本シリーズ2020」進出を決めた。

 対するセ・リーグは2連覇を果たした巨人が36度目の日本シリーズ出場となっている。その巨人を率いる原辰徳監督は、監督としての日本シリーズ出場回数が今回で7回目。そこで過去6度のパ・リーグ球団対原監督率いる巨人の日本シリーズを振り返ってみよう。

2002年 監督就任1年目は原巨人のストレート勝ち

 伊原春樹監督が就任した2002年の西武ライオンズは、同じく就任1年目の原監督率いる巨人の前に0勝4敗で敗れてしまった。初戦は松坂大輔投手と上原浩治投手という屈指の対決で始まるも、ケガから復帰したばかりの松坂投手は痛恨の2被弾。2戦目と3戦目は二岡智宏選手、高橋由伸選手、松井秀喜選手、清原和博選手といった巨人の強打者たちが威力を発揮。シーズン55本塁打を放ったアレックス・カブレラ選手はシリーズ2本塁打と意地を見せたが、トリプルスリーを達成した松井稼頭央選手や和田一浩選手は持ち味を出せなかった。

2008年 岸孝之が完封&好救援の活躍

 第7戦までもつれた2008年は、渡辺久信監督の率いる埼玉西武が巨人を破り日本一になった。キーマンはシリーズMVPに選ばれた岸孝之投手。1勝2敗で迎えた第4戦で岸投手は被安打4、10奪三振で完封勝利を挙げると、第6戦に中2日でリリーフ登板。5.2回を投げ、またしても無失点に抑える好投をし、チームは逆王手をかけた。

2009年 ダルビッシュ有が気迫の投球。巨人・小笠原道大は古巣相手に一発

 接戦の多いシリーズとなった2009年は原監督の巨人が日本一に。巨人の3番・小笠原道大選手は第3戦で古巣から本塁打含む2安打3打点と活躍した。北海道日本ハムはエースのダルビッシュ有投手が故障を抱えながらも第2戦に先発し6回を被安打7、7奪三振2失点で勝利投手となった。

次のページ 楽天初日本一などご紹介