守護神・松井裕樹が2回無安打0封も、楽天の今季最終戦は引き分けに 

2020-11-07 18:08 「パ・リーグ インサイト」編集部

11/7 イーグルス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 11月7日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと埼玉西武の第24回戦は、6対6で引き分けに。対戦成績10勝12敗2分で今季の埼玉西武戦を終えた。

 初回に先制を許した楽天がすぐさま反撃に出た。2死から2者連続四球で1、2塁に走者を置くと、銀次選手が打席へ。埼玉西武の先発・今井達也投手の投じた4球目をセンターに弾き返し、同点に追い付くと、続く渡邊佳明選手が右前に打球を運び、鮮やかに逆転。さらに、下妻貴寛選手にも2点適時打が飛び出しスコアは4対1に。その後も、辰己涼介選手の打席間に相手バッテリーエラーで1点を加えると、辰己選手は自身のバットで適時二塁打を放ち、6点目を加えた。

 5回まで2失点と粘投していた先発の瀧中瞭太投手だったが、6回表につかまった。2つの四球と安打で無死満塁のピンチを迎えると、愛斗選手に犠飛を浴びて1点を失ったところで降板。後を受けた寺岡寛治投手も四球から1死満塁とピンチを広げ、金子侑司選手の内野ゴロの間に1点を失い、2点差に詰め寄られる。

 7回表にはD.J.ジョンソン投手が3球目を外崎修汰選手に捉えられ、打球はスタンドへ。8号ソロで点差を1点に詰められると、スパンジェンバーグ選手に同点適時打を許し、試合は振り出しに戻った。

 9回表には松井裕樹投手が味方の失策から無死2塁のピンチを迎えるも、ここを無失点に抑えて延長戦へ。延長10回は両軍の守護神が回またぎで登板、両投手とも3者凡退に抑え、6対6で試合終了。

 楽天は初回に6点を挙げるも、2回以降は本塁が遠い展開に。先発の瀧中投手は5.1回8安打4四球4失点で降板。中継ぎ投手陣も持ちこたえることができず、同点に追い付かれたが、9回から登板した松井投手が貫禄の投球で引き分けに持ち込んだ。一方埼玉西武は、先発の今井投手が初回に大量リードを許すも、後を受けた7投手が無失点でつなぐ好投を披露。打線は中盤にかけて得点を重ねるも、あと一歩及ばなかった。

  12345678910 計
西 1100022000 6
楽 6000000000 6

西 今井達也-宮川哲-小川龍也-ギャレット-平井克典-森脇亮介-平良海馬-増田達至
楽 瀧中瞭太-寺岡寛治-D.J.ジョンソン-福山博之-ブセニッツ-松井裕樹

文・須之内海

関連リンク