【MLB】大谷翔平、技あり2戦連続安打。メジャー初4番に「予想はしていなかった」

2018-04-23 13:00 「Full-Count」盆子原浩二
体勢を崩されながらも右前安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

体勢を崩されながらも右前安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

チェンジアップに対応して右手一本で右前に運ぶ「もうちょっと早い段階で出ていれば」

エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦に「4番・DH」で先発出場し、4打数1安打だった。メジャー初4番で6回に技ありのヒット。

同一シーズンで3試合以上先発登板している選手が4番で出場したのは、メジャー史上16度目&13人目、57年ぶりの“偉業"となったが、本人は4番起用について「予想はあまりしてなかったです」と話した。エンゼルスは2-4で敗れ、2カード連続負け越しとなった

大谷は、変則的なトルネード投法の右腕クエトのチェンジアップにタイミングが合わず、2打席連続で空振り三振。しかし、6回に快音を響かせた。

この回先頭のキンズラーが初ヒットを放ち、1死一、二塁の好機で打席へ。ここで、カウント2-2からタイミングの合わなかったチェンジアップを右手一本でライト前に運び、技ありのヒット。驚異の対応力で満塁へとチャンスを広げたが、続くバルブエナは併殺に倒れて得点は奪えなかった。

エンゼルスは8回にトラウトのメジャー単独トップとなる9号2ランで2点差に迫る。しかし、大谷がこの回、左腕ワトソンの前に遊ゴロに倒れるなど、追いつけず。そのまま2-4で敗れた。

大谷は試合後、このシーズン早い時期での4番起用について「たまたまプホルス選手が欠場の試合だったので、入りましたけど、予想はあまりしてなかったです」と話した。

4番に入ることは球場入りしてから伝えられたというが「気持ちは特に、どこにいても変わらないと思っているので、しっかり自分の持っているものをそこで出せればいいじゃないかなと思ってました」。

また、3打席にヒットは出たが、「もうちょっと早い段階で1本出ていれば、ちょっと違う流れにはなったんじゃないかなと思います」とも話した。