鷹の勢いか鴎の意地か。パーソル CS パ2戦目は東浜巨とチェン・ウェインが先発

2020-11-14 23:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

11/14 ホークス対マリーンズ ダイジェスト パーソル CS パ(C)パーソル パ・リーグTV

 11月15日の13時からPayPayドームで福岡ソフトバンクと千葉ロッテの「パーソル CS パ」第2回戦が行われる。初戦は終盤までもつれた接戦を福岡ソフトバンクが制し、SMBC日本シリーズ2020進出へ王手をかけた。福岡ソフトバンクが連勝で一気にけりをつけるか、負けられない千葉ロッテが意地を見せるか。第2戦の見どころを紹介していこう。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→11勝12敗1分
千葉ロッテ→12勝11敗1分

【福岡ソフトバンク】東浜巨投手 19試合9勝2敗 119回 102奪三振、防御率2.34
【千葉ロッテ】チェン・ウェイン投手 4試合0勝3敗 26回 14奪三振、防御率2.42

 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手。右ひじの手術から明けた今季は自身初の開幕投手を務めると、2年ぶりに100イニングを超えを果たし、ローテーションの一角として優勝に貢献した。中でもPayPayドームでの登板は9試合で4勝負けなし、防御率1.22と圧巻の成績を記録。この一戦も千葉ロッテ打線を封じ、本拠地のファンに勝利を届けたい。

 打線の注目は栗原陵矢選手。14日の試合では、終盤に得点へとつながる2つの犠打を決め、5番打者ながら貴重な役割を担った。対戦相手となるチェン・ウェイン投手からは10月28日、11月4日の対戦で立て続けに本塁打を放っており、今試合では得点源としての活躍が期待される。レギュラーに定着し初の規定打席到達を果たした今季、そのバットでチームを日本シリーズ進出へと導く。

 対する千葉ロッテはチェン・ウェイン投手が先発する。今年10月に2011年以来となる日本球界復帰を果たした左腕は、チームが優勝争いを繰り広げる中で4試合に登板。白星にこそ恵まれなかったが、いずれの試合も6回以上を投げて2失点以内と試合を作った。負けられない一戦を託された左腕は、この舞台でどのような投球を見せてくれるか。

 打線からは井上晴哉選手に注目したい。14日の試合では4打数無安打、守備でも自身の失策で失点を招くなど攻守に精彩を欠いた。相対する東浜投手からは8月21日の対戦で本塁打を放っており、加えて日曜日は打率.290、15打点の好成績を残しているだけに活躍に期待がかかる。今季は9月以降打撃が振るわず苦しいシーズンとなった井上選手。前日のミスを取り返す活躍を見せ、敵地に届くファンの声援に応えたいところだ。

文・成田康史

関連リンク