「来られない方々のためにも全力で」パーソル CS パ優勝記者会見全文

2020-11-15 20:05 「パ・リーグ インサイト」編集部
(C)SoftBank HAWKS

(C)SoftBank HAWKS

 工藤公康監督、中村晃選手会長の2名で行われた「パーソル CS パ」優勝記者会見。日本シリーズ進出が決まった現在の心境と、意気込みをそれぞれが語った。

【2020パーソル クライマックスシリーズ パ 優勝記者会見 ホークス・工藤監督】2020/11/15(C)パーソル パ・リーグTV

「中村晃くんのホームランが救ってくれた」工藤公康監督

ー日本シリーズ進出が決まった今の気持ち
工藤監督「これで4年連続日本一へ向けてスタートできるなとほっとしている気持ちと、もう一度みんなで力を合わせてみんなで日本一を目指そうという強い気持ちがあります」

ー連勝かつ2試合とも逆転勝ち
工藤監督「頼もしい限りです。今日も初回に3点をとられた後で中村(晃)君の2ランホームランで一気に雰囲気が変わりましたし、そこでみんなが一つになって投手に向かってくれたのは本当に頼もしく見えました。緊張した中で試合を迎えたと思いますが、1本のヒット、1得点というのが、これほどまでにみんなの緊張をほぐして100%の力を出せるようになるものなのかというくらい、今日の中村君のホームランはみんなを救ってくれたと思います」

ー選手会長でMVP。これ以上ないくらい引っ張ってくれた
工藤監督「勝負強さと言い、このような試合での得点、ホームランがどれほど大きいかということを含めて、経験を積んでいるからこそああいう場面でもしっかり打てたのではないかと思います。本当に素晴らしいホームランだったと思います」

ーポストシーズンの連勝記録も12になり、選手の経験値も上がってきていると思うがその対応力や変化を感じる部分はあるか
工藤監督「今シーズンは千葉ロッテさんに並ばれてからの12連勝であったり、優勝が決まったとしてもそこで気を抜かず、選手が勝つために戦ってくれたりと、今までとは違うホークスの形ができたと思っています。このクライマックスシリーズも、先制されても自分たちの野球を貫いて逆転勝ちできたのは選手の大きな自信になると思います。日本シリーズも、勢いと力が自分たちにあると信じて戦って欲しいと思います」

ーはじめてプレーオフシーズンをスタメンで戦う周東選手や栗原選手のような若い選手が出てた
工藤監督「やはり最初から結果を残すのは難しいですし、そうやって経験したことが次の打席、次の試合につながって周東(佑京)君も結果が出ましたし、栗原君も結果は出ませんでしたがいい経験になったと思うので、また日本シリーズで期待したいと思います」

ーその日本シリーズがまた巨人だが今年のイメージはあるか
工藤監督「打つこともそうですし、盗塁にしても走れる選手が多い、そういう中でピッチャーがしっかり押さえて勝つという試合をしていますので、走攻守に渡ってバランス良いチームの中で勝ってきているんだなと感じています」

ー日本シリーズ開幕は11月21日。少し時間がありますがどのような準備をするか
工藤監督「選手たちに言っている3つの準備というのは変わらず、いい準備をしてくれればいいなと思います」

ー最後に日本シリーズへ向けた意気込みを
工藤監督「こうやってパ・リーグの代表として日本シリーズに出れることを誇りに思い、そしてみんなの代表として恥ずかしくない、素晴らしい日本シリーズができるように選手と一丸となって、心を一つにして、日本一を目指して頑張っていきたいと思います」

【2020パーソル クライマックスシリーズ パ 優勝記者会見 ホークス・中村晃】2020/11/15(C)パーソル パ・リーグTV

「若手、中堅、ベテランのバランスがとれている」中村晃選手会長

ー次に中村選手に伺います。少し時間が経ったが、改めて今どんな気持ちか
中村晃選手「ホッとした部分と、日本シリーズがあるので次のステージに進めるという喜びがあります」

ーこのシリーズで結果として出たMVP。そこはどう感じるか
中村晃選手「何とか勝ちたいという気持ちが(MVPという)結果につながってくれたのかなと思いますし、本当にみんなでつかんだ2勝ではないかと思います」

ー今のチームの勢いや雰囲気をどのように見ているか
中村晃選手 「若い選手、そして僕たちみたいな中堅、そしてベテランの選手のバランスがとれているチームだと思いますし、雰囲気も明るく、かつ締めるところは締めてできていると思います」

ーホームランについてどんな想いで打球を見つめていたか
中村晃選手 「1本目はランナー1塁でしたし、何とか1、3塁を作れれば良いなと気持ちで打席に立ったんですけどそれがホームランになってくれて良かったです。2本目はある程度来る球を読んで打てたのではないかなと思います」

ーベンチに戻った時のチームの迎え方、輪はどのように感じたか
中村晃選手 「打った後みんながベンチから飛び出してくれますし、みんなのために打てて良かったなと思いました」

ー日を追うごとに観客のボルテージが最高になって、ファンの声援も熱くなっているがそのファンの声援についてどう思うか
中村晃選手 「こういう状況でも球場に足を運んで応援してくれるファンの方もいますし、来られないファン方々のためにもみんなで全力でプレーすることが僕たちの仕事だと思うので、そういうファンの方々に思いを届けられるように日本シリーズも戦いたいなと思います」

ー巨人に対するイメージはあるか
中村晃選手 「全体的なレベルもすごく高いですし、ピッチャーもいいのでなかなか簡単ではないと思うんですけど、何とか4年連続日本一を勝ち取れるように、またみんなで一丸となって戦っていければなと思います」

ー日本シリーズまでの期間、どんな準備をしたいか
中村晃選手 「もっともっと調子を上げて最高の準備をしたいと思います」

ー日本シリーズへの抱負
中村晃選手 「ここまで来ることができたのであと4勝、チーム一丸となって日本一をつかみ取りたいと思います」

campaign