ジャイアンツファンに知ってほしい 2020年の福岡ソフトバンクホークス、ここに自信あり

2020-11-21 07:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
先発予定の千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV

先発予定の千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 11月21日に開幕する「SMBC日本シリーズ2020」は、昨年に続き福岡ソフトバンクと巨人の顔合わせとなった。

 従来であればセ・パ交流戦にオールスターゲームといったセ・リーグファンがパ・リーグの旬な選手を知る機会があったが、異例の今シーズンはそれらが開催されず。そこで日本シリーズを待ちわびるジャイアンツファンに知ってもらいたい、今シーズンの福岡ソフトバンクの強さをご紹介しよう。

千賀滉大、石川柊太らエースだらけの先発陣

《THE FEATURE PLAYER》H石川 パワーカーブ決まらずとも…『勝つ投球』で今季9勝目(C)パーソル パ・リーグTV

 まずは投手陣。開幕に出遅れながらも11勝(6敗)、149奪三振、防御率2.16でパ・リーグ投手タイトル三冠を獲得した千賀滉大投手は健在。強力メンバーのなかで今シーズン優勝の原動力となったのが石川柊太投手だ。

 開幕6連勝、プロ入り初完封を挙げるなどあざやかに復活。千賀投手と並ぶ11勝(3敗)で最多勝、さらに.786で勝率第一位投手賞も獲得した。石川投手の魅力は大きく曲がる通称「パワーカーブ」と、ストレートに似た軌道のスライダー。緩急自在に打者を惑わせるピッチングで今季はプロ入り最多の103奪三振を記録した。昨年の日本シリーズでは第3戦にリリーフで登板し、坂本勇人選手、丸佳浩選手、岡本和真選手をきっちり抑えた。今年は強力先発陣の一角としてマウンドに上がる。

 さらにチェンジアップを武器に6勝3敗、防御率2.65の成績をマークした助っ人左腕・ムーア投手や、昨年の日本シリーズ第4戦で好投した和田毅投手とエース格がそろう。また、昨年先発で12勝を挙げ、日本シリーズでも7回1安打の快投だった高橋礼投手は、今季リリーフに転向し27ホールドポイントの活躍。最優秀中継ぎに輝いたモイネロ投手に、リーグ2位32セーブの森唯斗投手と勝利の方程式は変わらず盤石だ。

栗原陵矢&周東佑京の急成長

【ビッ栗した】ホークス・栗原陵矢 外野フライかと思いきや…今季16号!!(C)パーソル パ・リーグTV

 今年の福岡ソフトバンクを語る上で欠かせないのが栗原陵矢選手と周東佑京選手のブレークだ。

 高卒6年目の栗原陵矢選手は、開幕前の練習試合で打率3割超えの成績を残し、プロ入り初の開幕スタメンを勝ち取り、スタートダッシュに成功したとはいえないチームのなかで6月の月間打率.333を記録するなど奮闘。最終成績は118試合、打率.243(440打数107安打)、17本塁打、73打点、OPS.727。特に得点圏打率.333、満塁での打率は.500(12打数6安打)、リーグ2位タイの6犠飛とチャンスでの強さが光った。また、守備は捕手が本職ながらファーストと外野で出場し、わずか1失策だった。

【鷹のリードオフマン】周東佑京の『打撃の成長力』に脱帽(C)パーソル パ・リーグTV

 そして昨年の日本シリーズでは代走にも関わらず大きなインパクトを残した周東佑京選手。昨シーズンの「足の周東」から、課題のバッティングを克服して今シーズン後半には1番打者に定着した。10月には13試合連続盗塁で「世界の盗塁王」福本豊氏の記録を塗り替えたのは周知の通り。50盗塁で初の盗塁王に輝いた。

 栗原選手と周東選手ともにレギュラーでポストシーズンを迎えるのは初めて。「パーソル CS パ」では、栗原選手がノーヒットだったものの2犠打をきっちり成功。一方の周東選手は2戦目にタイムリースリーベースを放ち、成長を見せつけている。

 ピッチャーでは栗原選手と同じ6年目の笠谷俊介投手がプロ初勝利を挙げるなど飛躍のシーズンを過ごした。ショートスターター、リリーフで短いイニングで仕事をこなすと、シーズン終盤は先発として試合を作った。この短期決戦でも第2先発など切り札的存在となりそうだ。

【ナックルカーブ】ホークス・笠谷『5者連続含む8奪三振』【キレキレ】(C)パーソル パ・リーグTV

京セラドーム大阪は得意! 心配のタネは……

【ギータ速報】本日『最高に意味不明な本塁打』オブ・ザ・イヤーが決定しました(C)パーソル パ・リーグTV

「SMBC日本シリーズ2020」は1、2、6、7戦が巨人の本拠地・東京ドームではなく、京セラドーム大坂で行われる。今シーズンの福岡ソフトバンクは京セラドーム大阪で9勝2敗1分の好成績。いずれも相手はオリックスではあるが、今シーズン巨人が使用していない球場ということを踏まえると、福岡ソフトバンクのほうが地の利はありそうだ。

 逆に福岡ソフトバンクに心配のタネがあるとするならば、巨人はエース・菅野智之投手が今シーズンは万全の状態で初戦の先発マウンドに上がることだ。そして高梨雄平投手、ウィーラー選手、中島宏之選手といったパ・リーグを知る面々も鷹の脅威となる。また、パーソル CS パを投げた東浜巨投手の離脱も痛手である。

 5年ぶりにリーグ1位同士の対戦となる日本シリーズ。紹介した選手はもちろん、柳田悠岐選手と菅野投手、千賀投手と岡本選手など互いの最強の盾と矛がぶつかり合う対戦は必見だ。ホークスファンもジャイアンツファンも手に汗握る最高の決戦に期待したい。

文・菊地綾子

関連記事