福岡ソフトバンク3選手に戦力外通告 13年ドラ1加治屋蓮&松田遼馬は現役続行希望、西田哲朗は未定

2020-11-26 15:39 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンクを戦力外となった加治屋蓮、松田遼馬、西田哲朗(左から)※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

福岡ソフトバンクを戦力外となった加治屋蓮、松田遼馬、西田哲朗(左から)※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

加治屋「続けたいなとは思う」松田遼「まだやれる」西田「色んな人と相談」

 4年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクは26日、加治屋蓮投手、松田遼馬投手、西田哲朗内野手の3選手に来季の契約を結ばない旨を通告した。加治屋、松田遼の2人は現役続行への希望を示し、西田は今後は未定とした。

 2013年のドラフト1位でJR九州から入団した加治屋は2018年にはセットアッパーとしてリーグ最多の72試合に登板。4勝3敗0セーブ31ホールド、防御率3.38の好成績を残した。だが、2019年は右肩痛で30試合の登板にとどまり、今季は1軍登板わずか6試合。ウエスタン・リーグでは19試合に投げて1勝1敗2セーブ、防御率1.69で「野球を続けたいなとは思います。諦めがつくかといえばそうではない」と語った。

 2011年のドラフト5位で阪神に入団した松田遼は2018年途中にトレードで福岡ソフトバンクに入団。移籍2年目となった2019年には12試合連続無失点をマークするなど中継ぎとして自身最多の51試合に登板したが、今季は1軍昇格が1度もなかった。ウエスタン・リーグでは36試合に登板して3勝0敗3セーブ、防御率2.25の好成績を残し「まだやれるという気持ちはある。その辺も含めて考えていきたい」とした。

 西田は2009年のドラフト2位で楽天に入団。2014年には131試合に出場して頭角を現したものの、その後、出場機会が減少。2017年オフに山下斐紹捕手とのトレードで福岡ソフトバンクへ移籍した。加入1年目は72試合に出場したが、昨季は7試合、今季も周東や川瀬ら若手の台頭があり、36試合の出場に終わった。西田は「周りの声も聞きながら色んな人に相談したい」と語り、今後は未定とした。

(Full-Count編集部)