FA宣言残留発表の埼玉西武・熊代聖人が来る5日のオンラインフェスタで大仕事! 視聴チケットも好評発売中

2020-12-01 16:24 「パ・リーグ インサイト」埼玉西武ライオンズ提供
昨年のサンクスフェスタで張り切る熊代聖人※球団提供

昨年のサンクスフェスタで張り切る熊代聖人※球団提供

「宣言残留という形で、これからもライオンズに貢献し、ファンの皆さまにはたくさんの笑顔を届けられるよう、一生懸命頑張っていきます!」と来季以降もライオンズの一員として活躍することを誓った熊代聖人が、来る5日のライオンズオンラインフェスタ2020で大役を果たす。

 今季は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインがメインとなったこの機会だが、当日のラインアップはファンが楽しめる内容が満載。特にステージトークショー「ライオンズ観光局」編は目玉企画の1つだ。これは、選手たちが自身の故郷の魅力を猛烈アピールするもので、新型コロナウイルスの影響により打撃を受けた観光を選手たちがPRする。その内訳を少々明かそう。

 大阪府代表として森友哉、群馬県代表として柘植世那、沖縄県代表として山川穂高、青森県代表として外崎修汰、北海道は川越誠司がそれぞれ生まれ育った地の誇りを持って登壇する。そして、キャラの濃い山賊たちをMCとしてまとめるのが、これからもライオンズを盛り上げ続ける「愛媛県出身の熊代聖人」というわけだ。

  熊代は昨年の「ライオンズサンクスフェスタ」に続く“MC業”で、この手の出演は既に慣れたもの。一方で、ご当地のおすすめスポットを回答する“事前アンケート”をスタッフから渡されると、ロッカーの中で悩まし気にペンを走らせ、自らもこのトークショーを盛り上げる意気込みが垣間見えた。

「いろんな選手を根ほり葉堀り……振って掘り下げていきますよ」と笑顔を見せた熊代は、「楽しみにして待っていてください」とファンに呼びかけた。

 もちろんイベントはこれだけではない。高橋光成や宮川哲ら若手投手陣が居酒屋一休で繰り広げるトークショーは、普段は聞けない彼らの“本音”を聞ける大チャンスかもしれない。いずれも有料番組だが、ぜひチケットを購入して、普段は「見れない」「聞けない」若獅子たちのトークを楽しんでみてはいかがだろうか。

チケットの購入と詳細は球団ホームページから。
https://sp.seibulions.jp/special/2020online/ticket/detail01.html

西武ライオンズ広報部

関連記事