黒川史陽が猛打賞&決勝打! 投手陣も1失点でつないだ楽天が千葉ロッテに勝利

2021-02-18 18:09 「パ・リーグ インサイト」編集部

【練習試合】イーグルス・黒川 タイムリーヒットでリードを奪う!! 2021/2/18 E-M(C)パーソル パ・リーグTV

 2月18日、金武町ベースボールスタジアムで行われた楽天イーグルスと千葉ロッテの練習試合は、2対1で楽天が勝利した。

 楽天の先発・池田隆英投手は2回まで無失点と上々の立ち上がり。3回を投げて3安打3奪三振1四球1失点(自責0)でマウンドを降りた。

 打線は初回、千葉ロッテの先発・本前郁也投手に対し、1番・辰己涼介選手が四球で出塁すると、3番・小郷裕哉選手の適時打で幸先よく1点を先制。続く2回裏から4回裏まで連続して得点圏にランナーを進めたが、2度の併殺打が出るなど、チャンスを生かせず無得点が続く。

 対する千葉ロッテ打線は1点を追う3回表、2死1塁から2番・藤岡裕大選手の安打をセンターの辰己選手がファンブル。適時失策で試合を振り出しに戻した。しかし、その後は2度の好機で無得点と、こちらも流れをつかみきれない。

 均衡が破れたのは6回裏、楽天の攻撃。2死2塁とこの回も得点圏に走者を進めると、打席には7番・黒川史陽選手。智辯和歌山高校の先輩でもある東妻勇輔投手の直球を弾き返す値千金の勝ち越し打で、悪い流れを断ち切った。この1点が決勝点となり、楽天が2対1で勝利した。

 勝った楽天は、高卒2年目の黒川選手が3打数3安打1打点と快音を連発。ここ2戦無安打だった鬱憤を晴らす活躍で、開幕一軍入りへ猛アピールした。投手陣も6人のリレーで1失点(自責0)と要所を締めるピッチングを見せた。

 一方敗れた千葉ロッテだが、得点はエラーでの1点のみと、打線が投手陣を盛り立てられず。2失策1暴投と守備の乱れも目立った。

  123456789 計
ロ 001000000 1
楽 10000100X 2

ロ 本前郁也-佐々木千隼-南昌輝-東妻勇輔-山本大貴-成田翔-石崎剛
楽 池田隆英-釜田佳直-松井裕樹-池田駿-渡邊佑樹-津留崎大成

文・吉村穂乃香

【練習試合】マリーンズ・藤原 好走塁で同点のホームを踏む!! 2021/2/18 E-M(C)パーソル パ・リーグTV

campaign