甲斐拓也~野村克也氏から託された「19」。"甲斐キャノン"で名をはせた育成の星~(福岡ソフトバンクホークス)【インサイト的選手名鑑】

2021-02-20 18:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

《THE FEATURE PLAYER》H甲斐『何だかんだで甲斐キャノン』(C)パーソル パ・リーグTV

甲斐拓也(かい・たくや)/捕手

#19/1992年11月5日生まれ
170cm・85kg/右投右打

 楊志館高校から2010年育成ドラフトで6位で入団。扇の要として常勝軍団のレギュラーに君臨し、その圧倒的な強肩は"甲斐キャノン"と呼ばれるほど。球界の名だたるスピードスターたちとの二塁上での対決は、ファンをとりこにし続けている。

 入団当初の登録名は「拓也」。育成で主に三軍で3年を過ごし、2013年オフに支配下登録を勝ち取った。そして迎えた4年目の2014年は、開幕一軍に残るもすぐに抹消。その後再昇格をつかみ、6月7日の広島戦で1イニングの守備に就いたが、出場はこの1試合のみ。翌2015年も同様に1試合にとどまったが、2016年は初安打と初打点を記録し、二軍でも42試合で打率.323と好成績をマークした。

 そして2017年に「甲斐拓也」へ登録名を変更し、飛躍の時を迎える。開幕一軍を勝ち取ると、シーズン通じて103試合に出場。1失策と、リーグトップの守備率で自身初のゴールデングラブ賞を獲得した。さらに2018年の日本シリーズでは、セ・リーグ首位の広島相手に、シリーズ新記録の6連続盗塁阻止を披露。日本一への原動力となり、育成出身選手初のシリーズMVPに輝いた。

 2019年は育成出身の同期・千賀滉大投手のノーヒットノーラン達成に貢献するなど、正捕手として自己最多の137試合に出場した。オフには背番号をチームの捕手では野村克也氏以来の「19」に変更。迎えた2020年には千賀投手とともにベストナインを獲得し、チームを3年ぶりのリーグ優勝、4年連続の日本一に導いた。2021年シーズンは、持ち前の"甲斐キャノン"と巧みなリードで5年連続の日本一に向け、投手陣をバックアップする。

【2020年一軍成績】
104試合 360打席61安打11本塁打33打点 打率.211 出塁率.317 OPS.694


文・鈴木海斗

甲斐選手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

「母ちゃんのために…」ホークス甲斐選手が誓う活躍、ひたむきで実直なワケ
ブレイクした前年から迎えた2018年シーズン直前、甲斐選手はここまで育ててくれた母への思いを語った。

【日本S】驚愕の4戦連続盗塁阻止 阻止率10割の“甲斐キャノン”に隠された秘密
【日本S】鷹・甲斐が育成出身初のMVP! シリーズ新6連続盗塁阻止「自分だけの力では取れなかった」
2018年の日本シリーズではシリーズ新記録となる6連続盗塁阻止を決めた。この活躍で育成出身選手初のMVPに輝き、自身の代名詞である"甲斐キャノン"も一躍全国区となった。

今宮健太、甲斐拓也らが地元に登場! 「SoftBank HAWKS ベースボールキッズ 2019」大分会場レポート
2019年オフ、地元・大分の少年野球教室に登場した甲斐選手。野球を通じて子どもたちと触れ合った。

甲斐拓也が“巨人封じ”の真実を独占激白。キーマンに定めた岡本和真の崩し方
2020年の日本シリーズで巨人を圧倒し、4年連続の日本一に輝いた福岡ソフトバンク。シリーズ4試合すべてで先発陣をリードした甲斐選手は、いかにして巨人打線を封じたのか。

☆甲斐拓也選手の動画はこちらから!

ホークス・甲斐 優勝を決める一戦で『甲斐キャノン(打)』(C)パーソル パ・リーグTV

campaign