福田俊〜小気味良いピッチングが持ち味の道産子左腕。左打者への対応がカギ~(北海道日本ハムファイターズ)【インサイト的選手名鑑】

2021-02-22 10:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

【6回表】ファイターズ・福田 三振を奪い昇格直後に無失点の好リリーフ!! 2020/10/20 F-H(C)パーソル パ・リーグTV

福田俊(ふくだ・すぐる)/投手

#40/1996年12月14日生まれ
171cm・73kg/左投左打


 神奈川・横浜創学館高校時代は、甲子園の経験はなく、最後の夏は控え投手だった。北海道・星槎道都大学に進むと、当初は救援投手として登板。3年時からは先発としてチームを引っ張り、秋には3勝、防御率1.26の活躍でリーグ優勝に貢献し、MVP、最優秀投手、ベストナインに輝いた。その後、秋の神宮大会でも好投を続け、北海道勢初の決勝進出に貢献。惜しくも優勝は逃したものの、3試合18.1イニングを失点3、防御率0.98の好成績で、一気にドラフト候補に名乗りを上げた。4年時は故障もあり、苦しんだ時期もあったが、地元・北海道を本拠地とするファイターズから2018年ドラフト7位指名を受け、入団した。

 福田投手は、スリークォーターから投じられるキレの良いストレートとスライダーが武器。貴重な左の中継ぎとして素質を見いだされ、ルーキーイヤーはイースタン・リーグで51試合に登板したうち、50試合が救援登板。投球した68イニングを上回る79奪三振を記録し、2勝4敗5セーブ防御率4.90という内容だった。

 2年目の2020年シーズンは、7月7日に一軍デビュー。小柄ながら、打者に向かっていく小気味良いピッチングで首脳陣からの信頼を集め、徐々に登板機会を増やしていった。最終的に30試合に登板し、プロ初勝利こそお預けになったものの、2ホールド、防御率3.26とブルペン陣の一角を担った。課題は左打者への対応。2020年は右打者に対して被打率.220だったのに対し、左打者には被打率.282と打ち込まれている。左対左での強さを身に付け、今季は勝ちパターンの座に食い込みたい。

【2020年一軍成績】
30試合0勝0敗2H 30.1回 27奪三振、防御率3.26 WHIP1.42


文・岩井惇

福田投手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

有原航平、上沢直之、杉浦稔大ら先発陣が奮闘も…… 中継ぎ陣に課題【北海道日本ハムファイターズ2020:投手編】
2020年のファイターズを振り返るシーズンレビュー。ブルペン陣は不調に苦しんだが、その中で奮闘した福田投手について記述がある。

杉浦稔大、玉井大翔ら北海道出身の「道産子」パ・リーグ選手たちになまらでっかい声援を!
北海道出身の「道産子」パ・リーグ選手たちに注目したもの。福田投手をはじめ、3名のファイターズ戦士たちがピックアップされている。

☆福田俊投手の動画はこちらから!

北海道出身の「道産子」パ・リーグ選手たちになまらでっかい声援を! その①(C)パーソル パ・リーグTV

campaign