ゴールデンルーキーが本拠地初登板。「勝ちを呼ぶ男」との投げ合いに挑む

2018-04-30 09:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

30日に京セラドーム大阪で行われるオリックスと福岡ソフトバンクによる「KANSAI CLASSIC 2018」の最終戦。29日は延長戦に及ぶ試合を福岡ソフトバンクが制し、対戦成績を1勝1敗の五分とした。カードを勝ち越してゴールデンウィークの好スタートを切りたい一戦、両チームの見どころを挙げていこう。

【今季対戦成績】
オリックス→2勝3敗、福岡ソフトバンク→3勝2敗
【昨季対戦成績】
オリックス→7勝、福岡ソフトバンク→18勝

オリックスの先発は、ドラフト1位ルーキー・田嶋投手。前回登板の千葉ロッテ戦では7回無失点の好投で2勝目を手にしている。プロ初の中10日で上がるマウンドで、プロ初登板で初勝利を挙げた福岡ソフトバンクを相手にどのような投球を見せてくれるか。意外にもプロ初となる本拠地での登板と初物尽くしの新人左腕に注目が集まる。

打線の中では、安達選手に期待したい。29日の試合では、今季第1号となる本塁打を福岡ソフトバンク・武田投手から放っている。2015年には11本塁打を放っている安達選手だが、近年は僅か数本にとどまっていただけに、この1本から流れに乗っていくことができるか。下位打線での存在感に注目だ。

一方の福岡ソフトバンクは、中田投手がマウンドに上がる。前回登板は今季初の中5日ながら最長の8回を投げ無失点に抑える好投を披露。開幕から4試合に先発し2勝負けなし、登板試合全てでチームを勝利に導いている右腕は、4月を勝利で締めくくることができるか。

打線の中では、29日の試合で1番に座った上林選手に期待がかかる。2安打、3出塁に加え、9回には起死回生の同点打を放つなど、リードオフマンとして結果を残した上林選手。若鷹軍団を引っ張る新たな切り込み隊長の出来が、勝敗を左右しそうだ。