日米それぞれに存在する“球団最後の戦士”たち

2016-12-09 00:00 「パ・リーグ インサイト」新川諒

このオフも多くの選手たちが、野球界を去ることになった。そのうちの1人が東北楽天ゴールデンイーグルス最後の創設メンバーだった牧田明久選手だ。そのため、残された現役の楽天ゴールデンイーグルス創設メンバーはシアトル・マリナーズに所属する岩隈久志投手ただ1人となった(もう1人の坂克彦選手の去就は未定)。

一方、米国でも最後の戦士となっている選手が存在する。現在メジャーリーグの最年長投手であるバートロ・コローン投手だ。彼は2005年に消滅したモントリオール・エクスポズ最後の戦士なのである。球団に所属していた選手で今も現役としてプレーしている者は何人か存在するが、実際エクスポズの一員としてメジャーの舞台に立ち、今も尚メジャーリーガーとして活躍しているのはコローン投手だけである。そしてメジャーリーグ復帰を目指す、大家友和投手がメジャーの舞台に戻ってくればその戦士は2人に増えることとなる。

43歳のコローン投手は来シーズンでメジャー20年目を迎える大ベテランだ。このオフ、所属9球団目となるアトランタ・ブレーブスと1年1250万ドルの契約に合意した。モントリオール・エクスポズとしてプレーしたのは、14年前の2002年。まだまだ現役でチームの先発ローテーションの一角を担っている。来年は新球場のサントラスト・パークを本拠地とするアトランタであの投球と打撃で盛り上げてくれるだろう。

そして来シーズン以降の契約はべスティング・オプション(一定の条件を満たせば自動的に契約が更新される)となるシアトル・マリナーズの岩隈久志投手は来年でメジャー6年目を迎える。2012年から毎年メジャーリーグで9勝以上をマークし、安定した結果を残してきた岩隈投手だが、翌年以降の契約をかけた大事なシーズンとなる。

このオフはマリナーズ、ブレーブス共にストーブリーグ序盤から多くの選手異動が目立っている。最後の戦士を抱えた両チームがどのような戦いを見せるのか、注目したい。