楽天が一挙4得点で逆転に成功。13連敗中の菊池を攻略、連敗ストップなるか

2018-05-04 19:49 「Full-Count」編集部

楽天vs埼玉西武の試合経過詳細

今江の適時打、アマダーの5号2ランなどで逆転

楽天打線が、天敵を攻略した。4日、本拠地・楽天生命パークで行われた埼玉西武戦。2点ビハインドで迎えた4回、2016年から13連敗中の菊池雄星投手から一挙に4点を奪い取り、逆転に成功した。

この回1死からペゲーロが左前安打、銀次が二塁打と連打で1死二、三塁とすると、ウィーラーの遊ゴロの間に、まず1点。続く今江が左前適時打を放って同点。さらにアマダーが左翼スタンドへの5号2ランを放ち、一気に試合をひっくり返した。

2016年から対菊池13連敗中の楽天。4月13日の対戦では左腕から5点を奪ったものの、先発の則本が序盤に6点を失って敗戦。5回に秋山のソロ本塁打で1点差に迫られた楽天だが、果たして不名誉な連敗を止めることが出来るだろうか。