札幌ドームの新たなフォトスポットに? 巨大ボブルヘッド人形登場

2018-05-05 20:24 「パ・リーグ インサイト」編集部

高さ180センチ、重さ70キロで、カードごとに移動予定

北海道日本ハムの本拠地・札幌ドームに新たなフォトスポットが登場した。2日の楽天戦から場内に展示されたのは、2体の巨大ボブルヘッド人形。来場したファンが足を止め、撮影のための列を作っていた。

モデルとなったのは、中田翔内野手と西川遥輝外野手の2選手だ。

高さ180センチ、重さは70キロ。中田選手は打点を挙げてコブシを突き上げる姿、西川選手は盗塁を決めた姿がモデルとなっている。台座にはキャスターがついており、移動することもできる。“お披露目”初戦は中田選手がチケット売り場、西川選手は入場ゲート内で展示された。

これらのボブルヘッド人形は、カードごとに移動させるという。どこに出没するかは当日のお楽しみ、というわけだ。球団関係者は「いろいろなところで展示しますので、ぜひ探し出して撮影してください」と話す。

対面した両選手はまんざらでもない様子

自らの“分身”と対面した両選手は、ともに頬を緩ませていた。西川選手は「似てる」とニヤリ。中田選手は「ハルキは似てるよね。でも、オレのはどうなの?」と苦笑いしながらも、まんざらでもない様子で「球場で使わなくなったら家に飾るから」と早くも入手を予約したほどだった。

ボブルヘッドだけに愛嬌のある作りになっているとはいえ、革手袋やスパイクはメーカーロゴや配色など、実際に使っているものを忠実に再現している。事故防止のため本体に触れることはできないが、隣に立っての“ツーショット”撮影は可能だ。

今後、新たな選手がラインナップに加わることも考えられる。シーズンを通じて展示する予定となっており、札幌ドーム内の名所となりそうだ。