日ハム、加藤-鶴岡の新コンビで2位浮上 栗山監督「知恵と経験を借りながら」

2018-05-06 20:33 「Full-Count」石川加奈子
北海道日本ハム・栗山監督

北海道日本ハム・栗山監督

今季6試合目の登板となった加藤は初めて鶴岡とバッテリーを組んだ

北海道日本ハムは6日、本拠地で千葉ロッテ戦を6-1で下して2連勝を飾り、2位に浮上した。

初先発した千葉ロッテ・オルモスの乱調につけこみ、初回に四球とけん制悪送球と暴投で先制。中田翔内野手の犠飛で2点目を奪った後、清宮幸太郎内野手の三塁内野安打を皮切りに、4本の内野安打を放ち、この回一挙4点を挙げた。

先発の加藤貴之投手は6回に3連打で1点を失った後のピンチで踏ん張り、7回途中5安打1失点で今季2勝目をマークした。試合後、栗山英樹監督は6安打で5得点した打線について「点はいっぱい取った方がいいですけど、間違いなくしっかり打ったわけじゃない。(オルモスの)情報が少ない中で嫌なイメージしか残らない。誰も(いい当たりの)ヒットを打っていないので。しっかり考えます」と反省を口にした。

今季6試合目の登板となった加藤を初めて鶴岡慎也捕手と組ませた狙いについては「イメージも変わると思うので、ツルの知恵と経験を借りながら。ツルも頑張りましたし、加藤もよく頑張ってくれました」と話した。

長いシーズンを戦う上で、個々の投手のバリエーションを復数捕手によって引き出していく考えだ。「同じピッチングをしてもキャッチャーが変わればリードが変わるから。(前日先発した)清水がどうのこうのじゃなくて、これも戦略の一つ。先に植え付けることとかあるし、気づいてほしいこともあるので」と指揮官は語った。