打線が奮起した福岡ソフトバンクが快勝。千賀投手は苦手な杜の都で雪辱を果たす。

2018-05-15 21:32 「パ・リーグ インサイト」編集部

楽天生命パークで行われた楽天と福岡ソフトバンクの7回戦。4連勝中と波に乗っている楽天は池田投手を先発のマウンドに送る。二軍での再調整を経て向かう今日の試合でどのような投球を見せてくれるか。対する福岡ソフトバンクの先発は千賀投手だ。今季唯一黒星を付けられた楽天相手にリベンジを果たせるか。

試合が動いたのは3回裏。1死満塁の好機で4番・ウィーラー選手が犠飛を放って楽天が1点を先制する。なおも2死1,2塁の好機が続いたが、ここは福岡ソフトバンク・千賀投手が後続を断って最少失点で切り抜けた。

1点を追う福岡ソフトバンクは5回表、2死1,2塁と一打同点の場面で3番・柳田選手が左前適時打。19試合連続安打と好調の主砲の一打で、試合を振り出しに戻した。

続く6回表の攻撃、先頭のデスパイネ選手が四球で出塁し、1死2塁から7番・松田選手が勝ち越しの適時三塁打。続く打者は倒れるが、2死3塁の好機で代打・川島選手も中前適時打を放って追加点。福岡ソフトバンクが楽天の救援陣を打ち崩し、3対1と勝ち越しに成功する。

さらに8回表には、5番・デスパイネ選手の8号ソロ、敵失で2点を追加。9回表には福田選手に2号ソロが飛び出し、6対1と福岡ソフトバンクが楽天を大きく突き放す。

福岡ソフトバンク先発の千賀投手は7回1失点の好投。後を受けた8回裏・モイネロ投手、9回裏・加治屋投手の好リリーフで、楽天打線に得点を許さずそのまま試合終了。試合は6対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

勝利した福岡ソフトバンクは2本塁打が飛び出すなど6得点。援護をもらった千賀投手も先発の役目を果たし、苦手とする楽天生命パークで3勝目をつかんだ。敗れた池田投手は、打球が利き腕に直撃するアクシデントに見舞われながらも5回1失点の好投でつなぐが、救援陣が計5失点と崩れ、5連勝はならなかった。