自打球のホークス内川は左脛骨内果打撲、骨に異常なし。球団が検査結果発表

2018-05-15 23:01 「Full-Count」編集部
福岡ソフトバンク・内川聖一

福岡ソフトバンク・内川聖一

楽天戦で自打球を当てて途中交代、病院で精密検査

福岡ソフトバンクは、15日の楽天戦(楽天生命パーク)で自打球を左脛骨内果に当てて途中交代した内川聖一内野手が、仙台市内の病院でレントゲン、MRI、CT検査を行い、左脛骨内果打撲の診断を受けたと発表した。骨には異常はないという。

内川は3回2死一塁での第2打席で左足首に自打球を当てた。そのまま打席に立ち続け、4球目で捕邪飛に倒れたが、3回の守備中にベンチに退いていた。