【MLB】大谷翔平、3回の第2打席は三邪飛 ファール直撃で球審交代のハプニング

2018-05-16 14:13 「Full-Count」編集部
第2打席、三邪飛に倒れたエンゼルス・大谷翔平

第2打席、三邪飛に倒れたエンゼルス・大谷翔平

6球目のファールが球審の右肩を直撃、二塁塁審が球審に回るハプニングも

エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)の本拠地アストロズ戦でメジャーで初となる「2番・DH」でスタメン出場し、3回の第2打席は三邪飛に終わった。

打者としては11日(同12日)のツインズ戦以来、4試合ぶりの出場となった大谷。初回無死一塁での第1打席は、ここまでリーグ最多の86三振を奪っているゲリット・コールのカーブにバットが空を切り、空振り三振に倒れた。

アップトンの2ランで2点を先制して迎えた3回2死走者なしで迎えた第2打席。1ボール2ストライクからの6球目、ファールボールが球審の右肩付近に直撃。治療と、二塁塁審が球審に回る準備のために約10分の中断を挟んだ末の7球目、コールのチェンジアップを打ち、三邪飛に終わった。

この日はチームの主砲であるマイク・トラウト外野手が1番に入り、強烈な1、2番コンビでワールドシリーズ王者との一戦に臨んだエンゼルス。メジャーでは2番にチームの最強打者を置く策が広がっており、エンゼルスも開幕からトラウトの定位置となっていた。

ここまで打者として20試合に出場し、69打数24安打5本塁打16打点、打率.348とチームを牽引する活躍を見せている大谷。日本ハム時代の2017年4月6日のロッテ戦で「2番・DH」に入ったことはあるが、メジャーでも初めて2番を任され、その力が改めて認められた形となった。