ルーキーだけじゃない!資格を持った“隠れ新人王”候補の選手たち

2018-05-16 16:12 「パ・リーグ インサイト」編集部
安定感抜群の投球でチームを支えるオリックス・山本投手

安定感抜群の投球でチームを支えるオリックス・山本投手

ドラフト1位ルーキーの北海道日本ハム・清宮幸太郎選手が9日のオリックス戦でプロ初本塁打を放ち、一軍デビューからの連続試合安打を新人新記録となる7に伸ばした。オリックスのドラフト1位・田嶋大樹投手もここまでパ・リーグの新人では最多の4勝を挙げ、千葉ロッテのドラフト2位・藤岡裕大選手も開幕から遊撃のレギュラーとして出場を続けている。かなり気は早いが、現時点では田嶋投手が新人王の有力候補と言えるだろうか。

新人王を手にできる選手は新人だけとは限らない。新人王の資格は海外のプロ野球リーグに参加した経験のない選手、支配下選手に登録されてから5年以内の選手、前年までの一軍出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内の選手も対象となっている。

2年目以降で新人王の資格がある選手を見ると、オリックスの山本由伸投手が該当する。山本投手はルーキーイヤーの昨季はファームで8試合に登板し、2勝0敗、防御率0.27という抜群の安定感を残した。シーズン終盤に一軍昇格、5試合に登板し、8月31日の千葉ロッテ戦ではプロ初勝利を挙げた。昨年一軍で投げたイニング数が23回2/3ということもあり、新人王の資格を残し2年目を迎えた。

2年目の今季は、リリーフで存在感を見せている。5月1日の埼玉西武戦で、プロ初セーブをマークするなど、ここまで10試合に登板して5ホールド、防御率0.90の成績を残す。勝利の方程式の一角として期待された近藤大亮投手、黒木優太投手が苦しむ中、山本投手は見事勝ちパターンに食い込んだ。シーズン通して結果を残せば、新人王も十分に見えてくる。

山本投手とチームメイトの2年目・澤田圭佑投手も、1年目の昨季はリリーフで13試合に登板したが、イニング数は13回だったため、新人王の資格が残されている。今季はビハインドゲームを中心に登板しているが、5月4日の福岡ソフトバンク戦から現在6試合連続で無安打ピッチングを継続中。15試合に登板して、防御率0.00と安定している。

その他にも2013年ドラフト1位・福岡ソフトバンクの加治屋蓮投手、2016年ドラフト8位・北海道日本ハムの玉井大翔投手、高卒4年目のオリックス・宗佑磨選手らも新人王の資格がある。

昨年は1年目の埼玉西武・源田壮亮選手が新人王に輝いたが、2016年は3年目の北海道日本ハム・高梨裕稔投手が同賞を受賞した。今年の新人王は誰が手にするだろうか…。