プロ初マウンドで無死満塁のピンチを切り抜けた!

2018-05-17 18:37 「パ・リーグ インサイト」編集部

5月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われている千葉ロッテとオリックスの一戦。1回表、プロ初先発のルーキー・渡邉投手が無死満塁のピンチを無失点で切り抜けた。

1回表、プロ初マウンドに上がった渡邉投手はオリックス先頭の宮崎選手、続く西野選手に連打を浴び、3番・吉田正選手に四球を出し、いきなり無死満塁のピンチを招いてしまう。しかしこの場面でも焦らずに落ち着いた投球を続け、4番・ロメロ選手を遊飛、5番・小谷野選手を浅い右飛、6番・T-岡田選手を遊飛と全てフライアウトで打ち取ると、自らが招いたこの大ピンチを見事無失点で切り抜けた。