楽天、サヨナラ勝ちで連敗ストップ ホークスはリリーフ陣崩れて3位転落

2018-05-17 18:50 「Full-Count」編集部
殊勲のサヨナラ打を放った楽天・岡島

殊勲のサヨナラ打を放った楽天・岡島

同点で迎えた9回に岡島が、ホークス森からサヨナラ打を放つ

楽天がサヨナラ勝ちで連敗を止めた。17日、本拠地・楽天生命パークでの福岡ソフトバンク戦。ビハインドを3度追いつくと、9回裏に岡島がサヨナラ打。劇的な幕切れで、勝利をつかんだ。

初回に先発の岸が1点を先制されると、直後に今江の適時打で同点。3回に再び勝ち越されたが、4回に内田が2号ソロを放って再び同点に。5回にまたも勝ち越されたが、8回に嶋が適時二塁打を放って、三度同点に追いついた。

そして迎えた9回。先頭の今江が左前安打で出塁すると、続くペゲーロの二ゴロを、二塁手の高田が弾く失策。一、二塁のチャンスを作ると、1死となってから岡島が中堅の頭上を越えるサヨナラ打を放って、試合を決めた。

福岡ソフトバンクは連勝が3でストップ。埼玉西武との差は3ゲームと広がり、試合のない北海道日本ハムにかわされて3位に転落した。柳田がサイクル安打に王手をかける3安打2打点と奮闘したものの、リリーフ陣がつかまって逆転負けを食らった。