敵地の風も味方につけて。オリックスが先制

2018-05-17 18:59 「パ・リーグ インサイト」編集部

5月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われている千葉ロッテとオリックスの一戦。両チーム無得点で迎えた2回表、若月選手の適時打などでオリックスが先制に成功した。

2回表、1死2塁から打席に入った9番・若月選手は、千葉ロッテ・渡邉投手の投じた外角低めに逃げるスライダーにうまく合わせる。スピンのきいた打球は二遊間を抜けて先制の適時打に。若月選手の巧みなバッティングでオリックスが1点を先取した。

そしてなおも2死1,2塁から、3番・吉田正選手の大飛球が風に流され、千葉ロッテの適時失策を誘う。ZOZOマリンスタジアムの風を味方につけたオリックスが、試合序盤で3対0と3点をリードした。