小田選手が殊勲打。オリックスが9回表に突き放す!

2018-05-17 21:24 「パ・リーグ インサイト」編集部

5月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われている千葉ロッテとオリックスの一戦。3対3で迎えた9回表、小田選手の2点適時打などでオリックスが勝ち越しに成功した。

9回表、先頭の山足選手、続く吉田正選手が連打で出塁すると、1死2,3塁から5番・小田選手が千葉ロッテの内投手のスライダーをすくい上げて、勝ち越しの2点適時打。そしてなおも1死3塁の好機で続くT-岡田選手が適時打を放ち、さらに1点を追加。オリックスが千葉ロッテの守護神を打ち崩し、最終回で6対3と3点リードを握ることに成功した。