ホークス柳田、自己最長22試合連続安打。初回右前安打、打率は驚異の.401に

2018-05-18 18:42 「Full-Count」編集部
22試合連続となる安打を放った福岡ソフトバンク・柳田悠岐

22試合連続となる安打を放った福岡ソフトバンク・柳田悠岐

初回、千葉ロッテ先発の涌井から右前へとはじきかえす

福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、自己記録を更新する22試合連続安打を放った。18日、敵地ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ戦。初回の第1打席で右前安打を放った。

サイクル安打を達成した4月21日の北海道日本ハム戦から安打を放ち続けている柳田がまた打った。前日には史上初となるシーズン2度目のサイクル安打に王手をかけ、好調の男は、初回2死での第1打席で、千葉ロッテ先発の涌井から右前安打を放ち、自身最長となる22試合連続安打とした。

前日の第3打席で打率を一時4割に乗せたが、4打席目で遊飛に倒れて最終的に打率は.397となっていた。この右前安打で147打数59安打となり、再び打率は4割を超えて.401となった。