LED照明、球団公式アプリを用いた新たな演出…千葉ロッテが試みる新たな施策

2018-05-20 20:00 「パ・リーグ インサイト」武山智史
球場でのスマホ、タブレット連動の様子【撮影:武山智史】

球場でのスマホ、タブレット連動の様子【撮影:武山智史】

球場のリニューアル、新演出導入のきっかけとは

3月30日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ対楽天の試合前、2018年ペナントレース到来を告げる開幕セレモニーは今までの雰囲気とは異なる、光を多用した華やかなものとなった。

その背景にあるのはオフシーズンに行われた、全面LEDへと変わった球場照明のリニューアルだ。球場外でも外壁にフルカラーLEDを設置。ナイター時には様々な色に変化し幻想的な姿を現している。2016年にはバックスクリーンの大型ビジョン改修、新たにレフトとライトにサブスクリーンを設置するなど年々進化してきたZOZOマリンスタジアムだが、今回の球場照明リニューアルでさらに球場のエンターテインメント性が高まってきた。

それに加えて、新たな試みとして今季から取り入れられるのが、球団公式アプリ「Mアプリ」を用いて行う「SoundFlash」の機能だ。映画やミュージカルのバリアフリー対応や解説サービス、CD・DVDの著作権保護で利用されている「音声透かし」の技術を使い、場内の音響設備から情報を発信。起動されているMアプリがその情報を受信し、スマートフォンやタブレット端末の画面がカラフルに変化するという仕組みとなっている。千葉ロッテ企画部の小林博一氏は機能についてこう説明する。

「今年、球場の中継制作システム入れ替えが決まっていて、その際に受注したパナソニックシステムソリューションズジャパン様から『音声透かしの技術があるんですが、やってみませんか?』と打診がありました。球団側としてもファンが楽しめるイベントやMアプリを利用してもらう目的もあって一致したのです」